投稿

ラベル(Tシャツ・ポロシャツ)が付いた投稿を表示しています
YOOX.COM(ユークス) イタリア発ヨーロッパNo.1オンラインセレクトショップ

40代メンズ Tシャツ スタイルはどーしたら良いのか

イメージ
Tシャツをカッコよく着こなすためには体型を何とかするのがベストですが、40歳を過ぎるとそれも難しいかと思います。しかし日本の夏の暑さはTシャツ無しで過ごすには厳しいものがございます。私も毎年試行錯誤を繰り返しているのですが、未だにベストと思えるTシャツ スタイルには到達しておりません。

そういったわけで今までに私が試したスタイリングをご参考までに紹介してみようかと思います。ちなみにTシャツは、スタイリッシュなイタリア人が決して着用しない服のナンバーワンに輝いている模様です。恐らくそういったことが原因で、イタリア製のTシャツが少ないのかもしれません。
シンプルなデザインのTシャツを選ぶ
メッセージ性が高い文字列やブランド ロゴ、あるいはパッチワークが付いたTシャツなどは、意外と着ている人のファッション センスが見えてしまいます。またそれらには流行もあるので、購入時期などが判明する場合があります。無地のTシャツであれば厚手のコットン100%、白色→青色→灰色の順番で揃えると良いと思います。

長いパンツと組み合わせる
短パンとTシャツの組み合わせは子供っぽく見える場合があります。組み合わせる場合はスリムタイプの短パンが適切です。特に腿の横にポケットが付いたカーゴタイプは、長いパンツであっても下半身が膨張して見えるので避けたほうが無難です。

とりあえず無地のTシャツと柄物の長いパンツは相性が良さそうです。特にストライプ パターンは、足が細く見える効果もあって上半身の見た目のダブつきを軽減することが可能かと思います。

上下で色を合わせる
これはアイテムが揃わないと難しい組み合わせですが、青・白・ベージュ・オリーブグリーンなどの色であればスタイリッシュに見せることが可能かもしれません。靴はローカットのテニス シューズ、ローファーやデッキシューズ、サンダルなどが良いと思います。またこのコーディネートは靴を目立たせたい場合に有効です。

インディゴ染め
色落ちするので単体で洗濯する必要がありますが、インディゴ染めのTシャツは最も無難で使いやすいと思います。そして多くのパンツに合わせることが可能です。結局のところTシャツはリラックス アイテムに近く、カッコ良く見せることが難しいのでデニムと同様にブルー系で攻めるのが良いのかもしれません。

【関連記事】
40歳メンズTシャツはNigel Cab…

ポロシャツは着こなしが難しいアイテムでございます

イメージ
機会を見つけてカッコ良いポロシャツを探している私ですが、結局のところポロシャツはスポーツ ウエアの位置づけであると確信するに至りました。ポロ競技発祥のポロシャツは、現在ではゴルフや国内においてはビジネスなどにも利用が広まっております。しかしながら夏季のカジュアル ウエアとしては、Tシャツのほうが汎用性が高くコーディネートも容易である印象です。

まず襟が問題であります。台襟が高いポロシャツであっても襟を綺麗に見せることが困難です。平置きで保管すると襟に折り線が付き、ハンガーに吊るすと同じく襟の形状が崩れた上に全体が伸びることがあります。そして仕方なく襟を立てるとゴルフ趣味のスタイルとなってしまいます。

次にデザインですがシンプル過ぎると地味で目立たず、派手にするとプロボウラー風味になる可能性があります。着丈も中途半端なものが多く、素材によっては洗濯の度に伸びることもあります。かと言ってパンツにインすると、ボックス型のデザインはウエスト部分が余ってシニア スタイルが完成してしまいます。

体型も上半身がアスリート体型の方には似合いますが、細い体型の場合は細さが強調される傾向にあります。特に上腕が細いと袖が余り、見栄えがよろしくありません。細い方の場合はポロシャツより半袖シャツのほうが立体感があるのでオススメです。

Scott Schumanさん(@thesartorialist)がシェアした投稿 - 2018年 7月月11日午前10時03分PDT
上記のように裾をパンツにインするスタイルであれば、ウエスト部分に余りが出ないようなシルエットが適切であると思います。これも腕の部分が重要で、なるべく隙間ができないデザインにするか、腕が太めのほうがカッコ良く決まります。また地味な色合いであればクールビズにも対応可能かと存じます。

参考までにトップの写真は試行錯誤の末にたどり着いたコーディネートでございます。ポロシャツの白線と白いパンツを合わせることにより、上下の統一感を出してみました。ちなみにイタリアを含む海外のメンズファッション スナップを見る限り、夏季であってもポロシャツ姿を見かけることはほとんどありません。

40歳メンズTシャツはNigel Cabournがオススメ

イメージ
夏になりますとTシャツの季節が到来いたします。使用可能なファッション アイテムが少なくなるこの季節は、スーツ スタイルを得意とする方々にとっては憂鬱かもしれません。スーツ姿はあれほどカッコ良かったオジサマなのに、Tシャツ姿になるとアレレ?となるのは良く伺うお話でございます(その逆も伺います)。

Tシャツは体のラインや肌が露出するので、デザインや素材の選択が難しい面があります。また洗濯の頻度が高く消耗品としての性格もあります。そういった理由もあって高価なブランドTシャツ、あるいは痛々しい派手な柄物などもあまりオススメはできません。そして結局のところシンプルなデザインでも下着には見えないものが最も使いやすいとの結論に達しました。


それらの条件を考慮し、私がたどり着いた答えのひとつが英国のブランドであるNigel Cabourn(ナイジェル ケーボン@nigelcabournjapan)でございました。以前から同ブランドの製品は購入していましたが、5年ほど前に初めて上記の白のヘンリーネックのTシャツを購入したところ、非常に具合がよろしゅうこざいました(税込8,100円)。

ナイジェル・ケーボン取り扱い店舗 - ファッションプレス
このヘンリーネックTシャツの特徴は前後の縫い目が無い丸胴編みで、固めの生地を使用しています。伸縮性はそれほど無いので快適性が多少犠牲になっていますが、とにかく頑丈で現在でも着用しております。途中洗濯時に赤いTシャツの色が移ってピンクになり、強力な漂白剤を使用して白に戻しても特に生地の変化はありませんでした。またシルエットも綺麗でした。


そしてその翌年からコストパフォーマンスに優れた上記の丸首TシャツのBASIC T-Shirtを機会があるごとに購入し、現在までに4枚を揃えました(6色展開・税込4,860円)。このモデルは定番化しているアイテムで、ヘンリーネック同様に丸胴編みです。着心地は肩周りが若干タイトですが、意外とお腹の部分はスッキリと見えます。

ちなみにTシャツ単体では少々寒い場合は、以下のような袖無し+切りっぱなしの機能性下着を着用することをオススメいたします。間違っても、Tシャツ+前ボタンを開けた柄物半袖シャツといった意味不明なハワイアン風味のスタイルは避けたほうがよろしいかと存じます。



参考までにサイズは44(XS)・46(S)・4…

ウエアハウスカンパニーのTucson ArizonaのTシャツ

イメージ
WAREHOUSE & CO.(ウエアハウスカンパニー@warehouse.co)は、アメリカン カジュアル ウェアを製造販売する国産ブランドでございます。そして先日、発売されたばかりのこのTシャツを偶然発見して購入いたしました(税込み7,020円)。同ブランドはビンテージ デザインを主に展開している模様で、このTシャツはデザインと共に脇の縫い目が無い丸胴編みも良い感じです。さらに首周りのリブ部分も伸縮性が高く、大きな頭の私でもデロデロに伸びる心配は無さそうです。


購入の決め手は言うまでもなく、このプリント柄であります。Tucson(ツーソン:Cは発音しない)はアメリカ西部のアリゾナ州に位置する都市の名前です。古くはビートルズのゲット・バックの歌詞にも登場しております。これは恐らくポール・マッカトニー氏の最初の妻であるリンダ・マッカートニー氏が、同市のアリゾナ大学(University of Arizona)の卒業生であることにも関係していると思われます。そして随分と昔の話になりますが実は私もこの大学の卒業生であり、ツーソンに数年間住んでおりました。

描かれている鳥はロードランナーという種類で、アメリカのアニメに良く登場するキャラクターのひとつです。当時この鳥を見かけた記憶は特にございませんが、多分その辺の草むらでも走っていたのでありましょう。ちなみにUniversity of ArizonaのマスコットはWildcats(山猫)であり、Arizonaの文字とその柄がプリントされたTシャツも数年前に購入しました(これも何故か日本製)。

参考までにこのようなプリント柄は、アメリカにおいて過去に存在したものを復刻する場合もあると伺いました。ただしそれはTシャツとは限らず、看板やマッチ箱あるいは配布された販促グッズなどに印刷されたキャラクターといったケースもあるとのことです。いずれにしろTucsonの文字がプリントされたイケてるTシャツは激レアも甚だしいので、Tucsonにご縁ある方々には超オススメのTシャツであります。

サイズはS・M・Lの3サイズで、色も白・灰・橙の3色展開です。普段EU46サイズで170cmの私の場合、Mでジャストフィットでした。またこのTシャツは、5~6年後の経年変化も楽しめるとのことであります。

8(オット)のニット ポロシャツ

イメージ
8(オット)は以前から気になっていたブランドでございます。同ブランドはYoox(ユークス・ドットコム:@yoox)がプロデュースしている模様で、イタリアで製であります。しばらく前に私の飼い主(妻)が同ブランドのTシャツ類を購入し、気に入って着用していたので私も購入した次第です。

8(オット)の製品は比較的安価であり、シャツやバッグや靴なども製造しております。ただし購入はYooxからのみでございます。そして頻繁にセール価格になるので、ある意味お買い得のブランドかもしれません。

このポロシャツは黒地に白のパイピングが入っており、それが気に入って購入いたしました。最初の定価は14,000円であり、半年ほど放置しておりましたら5,000円まで下がり、さらに送料無料の30%オフの3,500円で購入しました。着用した印象は日本のセレクトショップ オリジナルの15,000円台のポロシャツといった感じです。

縫製もしっかりしており、デザインもイタリアらしく安価な感じはありません。同ブランドの今後の展開は不明ですが、しばらく様子をみながら次回はデニムあたりを狙ってみようかと考えております。

VネックのTシャツのススメ

イメージ
男性も40歳を過ぎますとアチラコチラに余計な脂肪が増えてまいります。しかしながら、それを衣服で隠そうとお考えの方は間違いでございます。基本的に男性も女性も体のラインを隠す衣服にカッコ良いものはありません。また、隠した安心感によってさらに脂肪が増えることにもなります。

さて首周りの脂肪ですが、これが増えるとTシャツなどを着た際に呼吸が苦しくなったり咳き込んだりいたします。私の場合、丸首の小さめのネックは気道を圧迫して不快であります。また熱が首から逃げにくいので夏場は暑く感じます。そういった理由もあって近年はVネックのTシャツを好んで着用しております。


VネックのTシャツは意外と合わせやすく、特に白と黒はコーディネートが簡単なので便利であります。ただしサイズは必ず肩で合わせ、迷った場合は小さい方を選んだほうが良いかと存じます。参考までに上記のようにテーラードジャケットと合わせても良い感じになります。

Nigel CabournのVintage Tシャツ(ワッフル生地)

イメージ
これで8枚目となるNigel Cabourn(ナイジェル ケーボン@nigelcabournjapan)のTシャツでございますが、今回はワッフル生地のミリタリーグリーンを購入いたしました。他にベージュもあったのですが、最近はグリーン系のアイテムを集めていることもあってこちらを選択いたしました。


このTシャツは下半分の織り方が異なっております。着心地には特に関係はありませんが、魚の尾びれのような印象です。サイズは通常の46では無く、洗濯で生地が伸びることを考慮して44を選択しました。ちなみに軍隊で使用されているオリーブグリーンのアイテムはコーディネートに変化を付けるのに便利でございます。特にTシャツやパンツに取り入れると上級者風味に変身いたします。

Nigel CabournのB.R.N.Tシャツ

イメージ
これで7枚目となるNigel Cabourn(ナイジェル ケーボン@nigelcabournjapan)のTシャツを購入いたしました。このTシャツは国内生産の2016年モデルであります。参考までに同ブランドにはメイン ラインとオーセンティック ラインの2つのラインが存在し、前者は日本生産で後者は英国生産となっております。

国内生産のメイン ラインではTシャツなどの薄手の製品が多く、他のブランドとは異なる生地や製法で製造されております。またデザインもシンプルで価格もお手頃なので私はオススメしているわけですが、今ひとつブランドの知名度が低いことが残念であります。

このTシャツはB.R.N.(British Royal Navy)のプリントがワンポイントになっております。そして私がこの夏に挑戦するコーディネートがゴールド サングラス+白いTシャツ+白い短パン+ゴールド スニーカーを予定しており、その一環として新品の白いTシャツが必要になったことが購入の理由であります。

ナイジェル・ケーボン取り扱い店舗 - ファッションプレス

ハリウッドランチマーケットのストレッチフライス長袖Tシャツ

イメージ
HOLLYWOOD RANCH MARKET(ハリウッドランチマーケット@seilin_official)はテレビなどのメディアでもよく見かけるアメカジ系のショップでございます。ちなみにRANCHは牧場や農場などを意味いたします。

今回は同店舗の定番となっているストレッチフライスの長袖Tシャツ(Vネック)を購入いたしました。ストレッチフライス シリーズに関しては飼い主(妻)が3年前に購入しており、着心地も見た目も耐久性にも優れているのは知っておりました。そして価格は税込み5,940円でございました。

私はファッション性・耐久性・価格という観点から夏場に着用する短袖のTシャツとしてNigel CabournのBasic Tシャツをオススメしておりますが、長袖Tシャツはストレッチフライスのシリーズをオススメできると思います。


購入したサイズはMサイズ(2)でしたが、これはヨーロッパのSサイズ(46)に相当する感じです。ストレッチが効いているのでサイズに悩むところではありますが、170cm・65kgの標準体型であればMサイズ(2)が体型にピッタリとしたフィットになるかと思います。またこのシャツは乾燥機を使用すると縮むので注意が必要ということです。参考までに渋谷の猿楽町の店舗には、洗いざらした試着用のシャツが用意されているのでサイズに不安がある方はそちらを利用したほうが良いかと存じます。

Hydrogenの長袖Tシャツ

イメージ
長袖Tシャツは春先や秋口に使い勝手が良いアイテムでございます。例えばにテーラードジャケットの下に着用したり、あるいは上に半袖Tシャツを重ね着することも可能です。とは言ってもネックの形状などが様々で、合わせにくい場合もあって購入には迷うアイテムでもあります。

今回購入したHydrogen(ハイドロゲン@hydrogen_jp)の長袖Tシャツは、カモフラージュ柄で肩部分がボタン留めになっているものを選びました。ちなみに半額セールとなっておりました。肩がボタン留めになっている関係で上にTシャツとの重ね着は難しいのですが、逆に下にTシャツを着用すればこの時期の気候に合う感じでした。

またカモフラージュ柄ということもあり、多くのテーラードジャケットとの相性も良い印象です。ただ難点としましてはお腹の出っ張りが目立つので、体型にピッタリと合ったサイズより少々大きめのサイズが良いかもしれません。私はひとつサイズを下げてピタピタのXSを選択しましたが、46サイズの場合はSが適切かと思います。

Nigel CabournのVintage Tシャツ

イメージ
2年ほど前から購入をはじめたNigel Cabourn(ナイジェル ケーボン@nigelcabournjapan)のTシャツでございますが、6枚目となる今回はムラ染めのVintage Tシャツをセールで購入いたしました。ちなみに同ブランドのTシャツは見た目はボックス型なのですが、以下のように筋肉質の方が着用しても問題ありません。


イタリア製のウェアは胸が大きいマネキンに近い体型のほうが適しており、胸囲と胴囲の差が少ないボックス体型の場合は胸の部分が大きく余ることがあります。Nigel Cabournのウェア類はボックス型に近いのでそういった体型でも似合うので、アメカジに飽きた方々には良いかもしれません。

ナイジェル・ケーボン取り扱い店舗 - ファッションプレス

【関連記事】
Nigel CabournのTシャツ(3・4枚目)

McRitchieのニット ポロシャツ

イメージ
Yoox(ユークス・ドットコム:@yoox)のお気に入りリストに入れていたMcRitchie(マクリッチー@mcritchie1958)のポロシャツがかなりお安くなり、送料無料ということもあって注文いたしました。参考までに国内における定価が29,160円(税込み)のところ、約2シーズンの型落ちということもあって3,060円で購入しましたが新品であります。

同ブランドはタートルネックに続き今シーズンで2回目の購入となります。製品は高品質といった印象ですがウールやニットに特化したものが多く、国内ではクルチアーニやザノーネといった同様のブランドほどの知名度はありません。また価格も高めの設定であり、現在ではあまり店頭で見かけないブランドとなっております。

このポロシャツは筋肉質の方がお召しになると非常にイヤらしい外観となります。そういった意味では筋肉質の方にオススメしたいところですが、細身の方でも十分にお似合いかと思います。サイズは46を想定してSサイズを選択しました。

【関連記事】
McRitchieのタートルネック

Nigel CabournのTシャツ(5枚目)

イメージ
先日セール会場においてNigel Cabourn(ナイジェル ケーボン@nigelcabournjapan)のTシャツを発見し、持っていない色であったため購入いたしました。今回はオレンジでありますが、着てみると意外と玄人さんっぽく見えるのでありました。

ちなみにオレンジ色は自然風景の中では非常に目立つため、ハンターが仲間からの誤射を防ぐ目的として世界中でハンターウェアに使用されております。しかし野鳥からも早く発見されてしまうために迷彩服を着用するハンターもおられるようですが、安全のために最低でもウェアの一部にはオレンジ色を使用していただきたいところであります。

ナイジェル・ケーボン取り扱い店舗 - ファッションプレス

【関連記事】
Nigel CabournのTシャツ(3枚目)

La Martinaのレディース ポロシャツ

イメージ
La Martina(ラ マルティナ@lamartinapolo)はポロ競技のブランドなので、男女を問わずポロシャツのラインナップは充実しています。デザインに関しては、実際のポロチーム名やスポンサー名などが入っており、素材も含めて毎シーズン異なっております。


今回購入したのはレディースのポロシャツでございます。購入の決め手はブルーのパイピングと背中の"ARGENTINA"のロゴであります。そして定価800リンギット(約20,000円)のところ、60%オフなどの適用を受けて最終的に271リンギット(約7,000円)で購入いたしました。ちなみにポロ競技は4人で行うスポーツなので、背番号は1~4までしか存在しない模様です。

La Martinaのブルー ポロシャツ

イメージ
La Martina(ラ マルティナ@lamartinapolo)の2枚目となるポロシャツはストレッチ素材となりました。このポロシャツは「どうせSサイズのポロシャツは無いんでしょう?」と店員さんに伺ったところ、セール品の中から探してくださった次第です。


ちなみにLa Martinaの場合、最もカッコ良いポロシャツは最新シーズンのモデルとなっております。しかしながら定価で2万円を超え、さらにセールを待たずして売り切れることが多々あります。このポロシャツは比較的素材感が良く、襟の裏側のロゴがカッコ良いので購入いたしました。


ジャストフィットで着やすいこのポロシャツは定価420リンギット(約10,000円)のところを60%オフ、さらに3点購入の追加割引を適用して最終的に271リンギット(約3,500円)で購入いたしました。

Waimea Classic(ワイメア クラシック)のVネックTシャツ

イメージ
お話によるとWaimea Classicの日本代理店をつとめるテイラーアンドクロース@tailor_and_cloths)さんと同ブランドの業務提携が終了するとのことであります。そういった理由で現在、赤坂の店舗においてWaimea Classicのセールが行われております。同ブランドはようやく日本において認知度が上昇してきたところなので残念でございます。

今回購入したのは白のVネックTシャツです。定価の約半額で購入いたしました。ちなみに白のTシャツは季節を問わない便利なアイテムなので、複数枚購入してもよろしいかと存じます。特に丸首、ヘンリーネック、Vネックの3種類を揃えると大変重宝いたします。

ポロシャツの裾はインでもアウトでもOK

イメージ
夏が近くなりますとポロシャツの裾を入れるか出すかの議論が発生いたします。特に近年のクールビズの広がりによってポロシャツの需要が高まったことも影響しているかと思います。参考までにポロ競技においては試合開始時に裾はインしていますが、下記のように競技中に外に出る場合もあります。



一口にポロシャツと言いましても素材やシルエットが多様であり、それを無視することはできません。例えばボックス型のゆったりとしたシルエットの場合、裾をインすると上半身がダブついて見ためが悪くなります。また着丈が短い場合はインしてもパンツの外にすぐに出てしまうので、物理的に困難なこともあります。

そして鹿の子や厚手の素材の場合もインをするとウェストがキツくなったり、動きづらくなります。こういった理由もあってポロシャツを購入する前に、インして着用するかアウトして着用するかを決めたほうがよろしいかと存じます。

着丈が短いものは基本的にアウトしたほうが良いと思います。ちなみに裾が邪魔をしてパンツの後ろポケットに財布などの物を入れにくい場合は着丈が長いと思われます。また厚手の素材やウエストが絞っていないシルエットの場合もアウトしたほうが無難です。

ビジネスなどで裾をインして着用する場合は着丈の長いものが適切で、素材も薄手のほうが良いと思います。一般的にビジネス用のポロシャツはシルエットも細めなので、インをしてもそれほど違和感は無い印象です。



ちなみに世間ではほとんど語られてはおりませんが、裾をインする場合に重要なポイントはベルトでございます。裾をインする場合はベルトをセットで考えると言っても過言ではありません。そしてオススメは4cm幅の太めのレザー ベルトであり、多少なりとも人目を引くガッシリとしたものが良いと思います。

【関連記事】
ポロシャツは着こなしが難しいアイテムでございます

Nigel CabournのTシャツ(3・4枚目)

イメージ
今年の夏にNigel Cabourn(ナイジェル ケーボン@nigelcabournjapan)のTシャツを買い足そうかと考えていたところ、偶然セール品を発見したので迷うことなく購入いたしました。この黄色のBASIC Tシャツは以前購入した白に続いて2枚目であります。


さらに同じく2 Tone Tシャツをついでに購入いたしました。このTシャツは去年のモデルかと思われますが、BASIC Tシャツと比較すると袖部分の作りが異なっております。

ちなみにBASIC Tシャツに関しては、私見ながら40歳以上のTシャツ部門における殿堂入りは確実となっております。理由はコストパフォーマンスの高さとシルエットが綺麗なこと、そして頑丈な作りであります。4年ほど前にデビューしたこのTシャツは複数シーズンの着用を前提としているとのことで、現在では同ブランドの定番商品となっております。

サイズに関してはヨーロッパ表記となっており、44(XS)・46(S)・48(M)・50(L)の展開があります。170cmで60kgの男性であれば46が適当かと思いますがシルエットが細いので、ゆったりと着こなす場合は48をオススメいたします。私は170cmで66kgですが、46で肩回りや胴体はあまり隙間が無い感じです。

また白以外のモデルは初期の洗濯で色落ちをする場合があります。したがって洗濯の最初の数回は単独で行った方が良いかと思われます。参考までに使用している綿素材も太い糸を使用しているので乾燥機にも耐えそうですが、現時点においては試す気にはなりません。

ナイジェル・ケーボン取り扱い店舗 - ファッションプレス

【関連記事】
(な)夏にはオススメNigel CabournのBASIC Tシャツ

AhausのTシャツ

イメージ
送料が無料中のYoox(ユークス・ドットコム:@yoox)におきまして、気になっていたTシャツを3,000円弱で購入いたしました。同サイトの2,200円の送料は2万円以上の買い上げでは無料となるものの、低価格になればなるほど送料の比重が大きくなるので、こういった低価格商品は送料無料キャンペーンを待つことが多くなります。

Coast+Weber+Ahaus(コースト ウェバー アハウス@coastweberahaus)は個人的に気に入っているブランドですが、どうやら最近再び活動を停止している雰囲気が漂っております。ちなみに過去にもこういったことがあったので、日本国内において販売代理店が付きにくいといった事象が発生している模様です。

Ahausのラインは比較的高品質な素材を使用しておりますが、このTシャツは滑りが良い綿素材を使用している印象です。そして左胸の『のび太』氏のワンポイントが購入の決め手となりました。ちなみにサイズはMで、色もネイビーなのでインナーとしても使えそうであります。

La Martinaのポロシャツ

イメージ
私はLa Martina(ラ マルティナ@lamartinapolo)がアルゼンチンのポロ競技のブランドであると今の今まで説明し続けていたわけですが、ようやく初めてポロシャツを購入いたしました。実を言いますと実店舗において購入する機会は何度もあったのですが、ポロシャツと同様の価格帯でセールとなっていたトラックジャケットなどがあったために割高と感じておりました。


今回購入したポロシャツは半額セールで425ディルハム(約13,000円)でありました。それにしてもポロシャツの割高感があるのは、実際のポロ競技で使用されるポロシャツと同様の品質で製造されていることが理由かもしれません。特にこのポロシャツは、文字プリント+パッチ+刺繍といった手の込みようでございます。


MARSELLESAは1986年から1992年にかけてポロ競技で活躍した馬の名前で、ポロ競技の世界でTOP5に入る名馬とのことです。ちなみに購入したサイズはSで、これは一般的なヨーロッパ ブランドにおけるサイジングと同じであります。着用感は比較的タイトで、シルエットも綺麗です。

なお、同ブランドは現時点においてマセラティ社と協賛している関係で、マセラティ社のブランド名入りの商品を販売しております。日本国内においては各マセラティ ディーラーにおいて、マセラティ ストア@maserati)で取り扱いがある商品を購入できるかもしれません。