投稿

ラベル(長袖シャツ)が付いた投稿を表示しています

Vintage55のボタンダウン長袖シャツ

イメージ
少々厚手のコットン素材の長袖シャツを探していたところ、Yoox(ユークス・ドットコム:@yoox)においてセール中のVintage55(ヴィンテージ55@vintage55officialpage)の長袖シャツを購入いたしました。Vintage55はアメリカをモチーフとしたイタリアのブランドで、近年は国内でも見かけることが増えてまいりました。

10年ほど前に同ブランドは日本に上陸し、アメリカンテイストのイタリアブランドとしての地位を確立しました。そしてデザインはアメリカン カジュアル スタイルですが、生地やサイズ感はイタリア仕様となっております。今回購入した長袖シャツも胸ポケットが付いているアメリカンデザインですが、かなりタイトなサイズ感です。

またシャツの素材にも特徴があり、他のコットン100%素材と同様にこの長袖シャツもかなり厚手の生地です。そして丈夫な作りなので寿命は長く、仮に破れたとしてもそれが味と変化するような印象です。参考までに普段46サイズの私はSサイズでジャストフィットでした。価格は送料無料で3,680円でありました。

Giannetto(ジャンネット)の長袖シャツ

イメージ
Giannetto(ジャンネット@giannettoportofino)は1979年に創業したイタリアのシャツブランドでございます。近年になって国内で取り扱いが増え、中心価格帯は25,000円前後で各セレクトショップなどで販売されております。商品構成はカジュアル寄りのシャツが多く、襟の形状はカッタウェイを中心としている印象です。

同ブランドは少々気にはなっていましたが購入する機会に恵まれませんでした。しかし、先日セール品となっていたカジュアルシャツをようやく購入いたしました。このシャツは唯一残っていた38サイズであり、私にはジャストフィットでした。なお、袖丈はピッタリですが首周りはキツイ着用感となっております。

同ブランドのサイズ感は素材やデザインの違いなどによってワンサイズ程度のバラつきがあるとのことです。したがって試着が必須かと思われます。今回の長袖シャツはスリムフィットであり、比較的タイトな作りになっております。シルエットは他のイタリア製のシャツと同様にスッキリとしているので、シャツ単体でもカッコ良く決まるかと思います。

長袖シャツの首周りを綺麗に魅せる

イメージ
昨今のクールビズ ファッションによって長袖シャツの存在感が増しており、シャツ姿で通勤・お仕事をされる方々も増えてまいりました。襟に関してはアイロンが効いていれば特に問題ありませんが、台襟が高すぎる(襟が高い)のは昨今のスタイルでは無いので避けたほうが良いかもしれません。

長袖シャツはファッションの主役では無いので、シャツと色違いの黒いボタンなどの過度な装飾は必要ありません。シンプルがベストでございます。もっとも簡単なのはボタンダウン シャツであり、これは欧米ではカジュアル シャツ扱いですが暑い日本の夏ではそうも言っていられません。

ボタンダウン シャツは襟の形状を考える必要がありません。ネクタイを外してもある程度カッコ良く見せられるのでオススメであります。ただし玄人さんになるとボタンダウン シャツは着用しない傾向にあり、これは高級シャツの多くにはボタンダウンのモデルが少ないことなども原因と思われます。

次にシャツの素材ですが、柔らかくて薄い場合は下記のように第1ボタンから第2ボタンの間でヨレる可能性があります。特にシルク素材やナイロン素材には注意する必要があります。これはアイロンをかける際にノリを多めに付けることである程度の解決が可能ですが、コットン素材を多く含むシャツであればヨレることは少ないかと存じます。



襟にはカラーキーパー(カラーステイ)が入っているほうが綺麗に襟が立ちます。またネクタイを締めてジャケットを着用した際にも、襟がジャケットから飛び出るのを防ぐことができます。様々な素材のステイがありますが、金属製は固いのでプラスチック製の安価なもので十分であると思います。



ノーネクタイのスタイルの場合には第1ボタンを外すことになりますが、首元から白いTシャツが見えるのはアメリカのスタイルでカジュアル寄りになります。また白いTシャツは透けやすいので、以下のような肌色の胸元の開いたハイテク素材の下着がオススメであります。

Casseraの長袖シャツ(2・3枚目)

イメージ
前回購入したCassera(カッセーラ)の長袖シャツが良い感じだったので、続けてYoox(ユークス・ドットコム:@yoox)において2枚購入いたしました。価格はそれぞれ5,950円と5,180円の合計11,130円(送料無料)でありました。参考までにイタリアにおける同ブランドの定価は100ユーロ前後と思われ、仮に国内で同様のイタリア製のシャツを探すとなれば2万円近くの価格になると予想されます。

近年はイタリア製の長袖シャツにSLIM FIT(スリム フィット)の表記が増えてまいりました。こういったシャツは背中に2箇所のダーツを設けてウエストを絞っており、細身の体型であればシルエットが綺麗に見えます。しかし背中に筋肉が多かったり、猫背であったり、ウエストが出ている体型の方はかなり窮屈な着心地となります。

そういった体型の方の場合は、アメリカ製のラルフローレンやブルックスブラザーズなどで見られるボックス型のプリーツがあるシャツの方が楽に着ることができます。ちなみに個人的にはアメリカ製のシャツは余裕があり過ぎて好みでは無いので、自分の体型に可能な限り近いイタリア製のシャツを探しております。

【関連記事】
Casseraの長袖シャツ(スーツ用)

Casseraの長袖シャツ(スーツ用)

イメージ
Cassera(カッセーラ)はイタリアのシャツ ブランドであると思われます。しかしながらサイトの更新が2014年で止まっているので、現時点において企業活動をしているかどうかは不明であります。また日本における展開は無い模様です。そして今回はYoox(ユークス・ドットコム:@yoox)において3,360円で購入いたしました(送料無料)。

イタリア製の長袖シャツは素材やデザインが優れているのですが、既製品においては日本人の体型に今ひとつ合わない印象です。特に袖に関しては首周りでサイズを合わせると、5cm以上長くなることがあります。かと言って肩口でサイズを合わせると首周りがキツくなったりします。

そうした理由などもあり、ルイジ・ボレッリなどをはじめとしたイタリアのシャツ ブランドは日本でオーダー会を頻繁に開催しております。ただし価格が3万円台からはじまることが多く、気軽に購入するには厳しいお値段であります。

私の場合はスーツ用に日本でオーダーシャツを作ってみましたが、素材感に少々不満があるのでYooxなどで安いイタリア製のシャツを勝負しているのが現状です。ネクタイを着用しなければサイズは多少前後しても大丈夫ですが、ネクタイ着用となると第一ボタンを留めるのでジャスト サイズを探す必要があります。

ちなみに長袖シャツの袖は短くすることが可能ですが、肩口から直すと料金も高くアームホールが多少小さくなる可能性があります。また袖先から直すとカフ部分の外見が変わることがあります。お直しの代金は3,000円前後から始まりますが、可能な限り修正をしないサイズを選択することをオススメいたします。

今回のCasseraの長袖シャツは奇跡的に私の体型にフィットしており、袖の長さも首周りも問題ありません。またコットン素材も高品質なので見た目も大変よろしい感じです。そういったわけで、これから追加で購入をしようかと思います。