投稿

ラベル(書籍・小物類)が付いた投稿を表示しています

40歳メンズ ベルトはエルメスまたはカルティエをおすすめします

イメージ
ベルトは地味な役割で、話題にも上がらないアイテムでございます。とは言っても体の中心に位置するので目立つアイテムでもあります。したがって服装ににかかわらず、外見がくたびれたベルトはNGです。またベルト一本で、全体のコーディネートが引き締まる場合もあります。

40歳代のベルトとしてはビジネス スタイルに対応し、なおかつ外見でブランドが判明するものが良いと考えます。そういった条件に合うブランドとしてHermes(エルメス@hermes)およびCartier(カルティエ@cartier)の2つが適切であると思います。

ちなみにルイ・ヴィトンやグッチあるいはドルチェ&ガッバーナなどのベルトは外見でブランドが判明するものの、ビジネス向きとしては厳しい感じです。またそれらのブランドのベルトの多くは女性向けといった印象です。

エルメスのベルトは世界的に人気があり、特にH型のコンスタンスと呼ばれるモデルはエルメスのベルトの代名詞となっています。定価が12万円前後のコンスタンスはバックルとベルトがセットで販売されており、バックルは単体で購入できませんがベルトは単体購入することが可能です。



カルティエのベルトでオススメのモデルは、ブランドの頭文字を型取った「ロングCベルト」でございます(税込み62,100円)。他にもひと目でカルティエとわかる「サントス」も良いと思います。いずれのモデルもカジュアル スタイルよりビジネス スタイルで威力を発揮すると思います。

エルメスのベルトはリバーシブル仕様となっているモデルが多く、購入時に2色の組み合わせを選択することができます。またカルティエのベルトはモデルによって異なりますが、黒と茶のリバーシブル仕様となっています。いずれにしろ、ベルト2本分の価値はあると思われます。

以上の2つのブランドのベルトは、適切なスーツやジャケットと組み合わせることによってファッション レベルが上がります。またエルメスのベルトは、カジュアル スタイルのアクセントとしても適しています。そしてベルトの価格としては高めですが着用するとテンションが上がるので、ベルト買い替えの際にはご検討されてもよろしいかと存じます。

40歳代のはじめてのメンズ ブレスレット

イメージ
腕が露出する夏季はブレスレット デビューには最適の季節でございます。いや、オシャレな40歳代のメンズファッションにはブレスレットは欠かせないものであります。しかしながら無闇に着用すれば良いというものではありません。一般的には片腕(時計と反対側の腕)のみに着用しす。また幅が広いタイプの金属製や皮革製は単体で着用しますが、デザインによってはアメリカン アウトローのような雰囲気が出てしまうので細いブレスレットの重ね付けがオススメです。



ブレスレット デビューには細い紐タイプのものが適切であると思います。そしてコーディネートの一部と同色のブレスレットを選択するとカッコ良く見えます。逆に言うとコーディネートに存在しない色は目立ち過ぎるので、避けたほうが無難です。数種類の組み合わせを行う場合はwakami(ワカミ@wakamiglobal)のようなブレスレットが便利です。参考までにワカミのブレスレットのワックスが固い場合はお湯に浸して柔らかくすると良いとのことです。


また、意外と色の組み合わせが良くて安価で使いやすいかったのは石巻元気商店@funade311)でした。東日本大震災を期に発売された同商店のブレスレットは、皮革と大漁旗の布が組紐状に編み込まれております。色違いのバージョンがあるので、普段のコーディネートに合いそうな色の組み合わせを購入すると良いかと思います。

Luca Rubinacciさん(@luca_rubinacci)がシェアした投稿 - 2018年 5月月9日午前5時29分PDT
参考までにイタリア人男性はブレスレットの重ね付けがお好きなようでございます。これでもかというほど重ね付けをしていらっしゃる方を多く見かけます。しかし付けるのも面倒なら外すのも面倒なので、初心者の方は3~4本が適切かと存じます。

ADRIANO MENEGHETTI(アドリアーノ メネゲッティ)のベルト

イメージ
ADRIANO MENEGHETTI(アドリアーノ メネゲッティ@adrimeneghettiofficial)は2011年にミラノで生まれたイタリアのブランドで、細身で編み込まれたデザインのベルトが特徴的でございます。また価格帯は1万円台中頃から2万円台前半ということもあってお手頃な印象のカジュアル ベルトであります。今回はセール価格ということもあり、夏に向けたベルトとして購入いたしましたが、同ブランドの取り扱い店舗はそれほど多くない印象です。

一般的にベルトを選ぶ場合は皮革に注目しがちですが、バックル部分の金属やデザインもかなり重要なポイントでございます。皮革の高品質を掲げる国産ブランドであっても、バックルの外見まで考慮している製品はそれほど多くはありません。その点、イタリアのデザインはバックルまで凝った作りのベルトを多く見かけます。

このベルトは加工の関係で表面の皮革がバラバラと粉状に落ちてきます。したがって色移りしそうな白いパンツには使用できないと思います。しかしカッコ良ければ気にならないので、デニムやその他のパンツで使用する予定でございます。またベルト幅は約2cmと細いので、これからの季節は短パンにも合いそうであります。

メンズにオススメの無地ハンカチのブランド

イメージ
近年は公衆トイレにハンドドライヤーの設置が増えてきたこともあり、男性の通年におけるハンカチの必要性は下がってきたように思います。その半面、夏季には汗を拭くために必要でもあります。ちなみに映画「The Intern」(2015年)のロバート・デ・ニーロ氏が演ずる老インターンが「男性のハンカチは自分が使用するためでは無く、女性が涙した時に渡すための必需品である」と説明するワンシーンがございます。

また涙を拭くのに使用することから別れを連想するのでプレセントにはNGとの風潮がありますが、良く考えてみれば別れを相手に悟らせるためにプレゼントをする機会はまずありません。それにそんなことを言い出したらネクタイや時計のプレゼントもNGとなります。したがってお好きなようにプレゼントをされればよろしいかと存じます。

いずれにしろ男性はハンカチに関してはそれほどこだわりがない印象ですが、ビシッとしたスーツやテーラードジャケットの着用時にはハンカチにも気を配りたいところでございます。参考までにハンカチはポケット チーフより大きく素材の厚さも異なるので、多くの場合はチーフの代用とはなりません(そもそもチーフは専用の目的で購入いたします)。

そして40歳代の男性の場合、柄が多いハンカチは子供っぽく見えるので無地系をオススメしたい所存であります。基本的な色の選び方は長袖シャツと同じで、無地の場合は白・青・ピンク・灰色あるいは柄物であればストライプやドット柄も使いやすいかと思います。中でも無地に色の縁取りがあるパイピング柄をオススメしたいのですが、市販のものは数少ない印象です。

素材はコットンよりリネンのほうが濡れたときの手触りが良い感じです。タオル生地に関しては私の場合、パンツのポケットに入れるとポケットに熱がたまるので避けております(特に夏季)。結局のところ、デザインや素材などの条件を付けてハンカチを探すとなると日本製しか残っておりません。恐らく世界中で日本が最もハンカチにこだわっている国家であると思われます。


Pint!(ピント@pint_mn
オーガニック素材の製品をWEBで販売している日本のブランドです。数はそれほど多くありませんがパインピングのリネンハンカチも販売しております。2018年4月、京都に実店舗がオープン予定とのことです。ハンカチへの商品リンク



ACTUS(アクタス@ac…

Adrian(アドリアン)のアンクル ソックス

イメージ
服装が切り替わる4月頃は靴下も切り替える時期でございます。ショート ソックスは足元が涼しく、また外見も涼しげなので夏季には活躍いたします。しかしながらどうしても短めの裾丈で足首を見せないと格好が良くないため、一般的なスーツ姿と組み合わせるのは難しいかと思います。そういった理由もあり、これはパンツと革靴のコーディネートで足首を見せたい中級者以上の皆様向けかと存じます。


Adrian Calze(アドリアン)はイタリアの靴下ブランドでございます。特にこのモデルは私の好きなイタリア国旗柄を採用していることもあり、以前にも何度か購入したことがあります。またこのアンクル ソックスは薄手の生地であるため、革靴に適していると思います。そして以前と同じくBEAMSの店舗で購入いたしました(税抜き900円)。

サイズはSとMですが、24cm以上のサイズであればMサイズをオススメいたします。ちなみに靴下はエスカレーターに乗った際に後ろの人から注目を浴びる場合があるので、足元のオシャレとして着用しても良いかと思います。

Scotch&Sodaの靴下

イメージ
SCOTCH&SODA(スコッチ&ソーダ@scotch_official)はオランダのカジュアル ブランドでございます。国内では新しいブランドなのでまだ知名度はありませんが、ヨーロピアン テイストのウェアを中心に展開しております。

ヨーロッパのブランドがアクセサリ類として製造している靴下には、意外とデザインや素材が良いものがあるので時折購入しております。今回はセール品となっていた関係で購入しましたが、同ブランドの靴下はデザインが良い感じであります。ただしこういった靴下は乾燥機がダメであるとの印象なので、可能であれば天日干しをしたほうが良いかと思います。

イル ブセットの財布を海外通販で購入しました(国内未入荷モデル)

イメージ
Il Bussetto(イル ブセット@ilbussetto_jp
)はイタリアで革小物を製造しているブランドでございます。特に特徴的な形状のコインケースは人気があるようです。また日本国内にも販売代理店が存在し、比較的容易に購入することが可能です。したがって同ブランドの海外通販サイトから直接購入する必要は無いのですが、国内で販売されていないモデルとなればお話が別であります。


今回購入したのは二つ折り財布のコインケース付きのモデルですが、コインケースが縦に配置されています。私は過去10年以上にわたって縦置き型にこだわっておりまして、ここ数年は英国製のEttinger(エッティンガー)の財布を使用してまいりました。しかしそのEttingerの縦置き型のモデルが生産終了となった関係で、Il Bussettoの財布を購入したわけであります。


参考までにIl Bussettoを含め、国内で縦置きコインケース付きの皮革製二つ折り財布を探すのは困難です。特にボタン留めのフラップが付いた縦置き型コインケースはほとんど存在せず、多くは横置きタイプとなっております(大きく開くボックス型の縦置きコインケースは存在します)。

価格は90ユーロ(付加価値税免除)+25ユーロ(送料)で合計115ユーロ(約14,300円)でございました。そして注文から到着まで約1週間を要し、追加の関税などは発生しませんでした。ちなみに左利きの方がコインケースのフラップを開けるとコインが落下するので、このモデルは右利きの方用と思われます。またこの財布は緑色ですが、他の色もあるのでご興味のある方は以下をご参照ください。

COIN BI FOLD WITH SNAP CLOSURE(Il Bussetto)

California Republicのベルト

イメージ
California Republic(カリフォルニア共和国)はアメリカ南北戦争の頃に一時的に存在した国でございます。現在のカリフォルニア州の一部でしたが国旗も存在し、そのデザインはカリフォルニア州旗にも使用されております。また衣服や小物類にも広く使用され、カリフォルニア州の土産物屋さんなどで見かけかることも多いかと思います。

上記の革ベルトは10年ほど前に都内の雑貨屋さんで購入したベルトであります。記憶は定かではありませんが、数千円の価格であったと思います。当時はアメカジ系のファッションをしていたこともあり、それに合わせるために入手しました。その後イタリア系のファッションに移行したので、普段使いのデニムのベルトとして使用しておりました。

そして先日、何気なくデニムから外してベルトを見たところ良い具合にビンテージ風味になっておりました。元々の皮革が厚めであったため、壊れる前にダメージ加工となった風合いでした。そうなるともう一本欲しくなったのですが、すでに製造元も販売店も無くなっておりました。


上記は現時点で購入可能で比較的見た目もそれほど悪くないCalifornia Republicデザインのベルトで79ドルとのことです。しかし私としましては、デザインは私のベルトのほうが良い感じです。そういったわけでしばらく探そうかと思います。

イタリア国旗柄の指輪を購入しました

イメージ
イタリア国旗柄が好きな私は今回、ヨーロッパのEbayで指輪を購入しました。銀製であるこの指輪の価格は5,543円+1,848円(送料)=7,391円で、注文から約2週間で到着いたしました。参考までにサイズ選択の際には内径を正確に計測して決めたのですが、若干大きめでありました。


購入の決め手はネットで見つけた上記の写真でしたが、実物は表面の仕上げが粗かったので現在耐水ペーパーで表面を研磨中であります。エナメルの着色に関してはほぼ上記の写真通りである印象です。


このデザインの指輪はありそうで無かったので話のネタとして使えそうでありますが、単体で着用すると安っぽく見えるので他の指輪と組み合わせて使用しております。もし購入される際には実寸マイナス0.2mmのサイズを選択するとよろしいかと存じます。

Tuumの幅広指輪を購入しました(3個目)

イメージ
先週末はブラックフライデーということで、海外の通販サイトではすべての商品が半額などというセールが吹き荒れておりました。アメリカを中心としたセールはヨーロッパにも波及しており、年に一度の大セールが開催されているサイトも数多く見受けられました。そして週末が終わると何事も無かったかのように通常の販売に戻るのであります。

毎年ブラックフライデーのセールは見送っていたのですが、今回は我慢ができずにTUUM(トゥーム@tuum_madeinitaly)のシルバー リングを購入しました。同ブランドはイタリア製のジュエリーを製造販売しておりますが、日本国内における店舗は現時点では存在しておりません。そして同ブランドのこの種類の指輪は3個目の購入となりました。


購入したのはTuumの初回購入時から利用しているKLEPSOOというイタリアの通販サイトでございます。価格は通常価格の25,875円が、70%オフの7,763円+送料2,875円で合計10,638円でありました。しかし私の指に合うサイズがあまり残っていなかったので、サイズを優先して緑色を選択しました。ちなみに日本到着時の関税の支払いはありませんでした。

購入したもうひとつの理由は、このColorというシリーズが無くなりそうな雰囲気があったからです。シルバーにエナメルで着色してあるこのシリーズは10色以上のラインナップがあったのですが、同ブランドのオフィシャル サイトでも取り扱いが縮小傾向にあります。ことによると新しいシリーズとして生まれ変わるのかもしれませんが、とりあえず消滅する前に追加購入してみようと思った次第です。

【関連記事】
TUUMのブレスレット&幅広指輪
TUUMのPater Noster, Ave Mariaの幅広指輪

靴磨きの本を購入しました

イメージ
新しい靴クリームを購入した際に靴磨きの本を購入いたしました。とりあえず今までは我流で靴を磨いていたのですが、そろそろ本格的に磨こうと思った次第であります。本書は初心者にも易しく解説してあり、入門書として適していると思われます。特にピカピカに磨き上げる方法は参考になると思います。



そして上記は本の通りに磨き上げたSantoniの革靴でございます。ワックスとクリームを使い分け、入念に作業を行うと以前の方法では実現できなかった輝きが出てまいりました。また、所要時間は約40分でした。といったわけで残りの革靴も徐々に磨いていこうかと考えております。

(た)高そうに見えるNumero Due ダブル リング

イメージ
少し前からゴールドのピンキー リングを探しておりました。しかし残念ながらピンキー リングは小さいので、他の指のサイズと同じ値段では何となく損をした気分になります。そういった経緯もありまして、とりあえず比較的安価なシルバー リングを購入することにいたしました。


TUUM(トゥーム@tuum_madeinitaly)はイタリアのジュエリー ブランドで、私は指輪を含めて数回購入しております。同ブランドは主にシルバー ジュエリーを製造販売しておりますが、日本国内における販売店は存在いたしません。そしてこの指輪は"Numero Due(ヌメロ ドゥエ)"と呼ばれるダブル リングで、同じシリーズに"Numero Uno(ヌメロ ウノ)"というシングル リングもございます。


なおNumeroシリーズは新作でありまして、最近ゴールド モデルも追加されました。そして今回もイタリアのジュエリー通販サイトであるKLEPSOO@klepsoo)において送料込みの17,189円で購入いたしました。参考までに希望するサイズが欠品しており、製造元に注文した関係で到着まで約1ヶ月を要しました。

このリングは2つ合わせると幅が広くなるので、販売元では購入時にワンサイズ上げることを推奨しております。ちなみに人間の指は左右でサイズが異なる場合もあるので、必ず装着する指でサイズを計測したほうがよろしいかと存じます。

Borsalino 18.57のパイピング中折れ帽

イメージ
連休中のセールにおいてBorsalino 18.57の帽子を12,000円(税抜)のセール価格にて購入いたしました。参考までに定価は26,000円(税抜)ということであります。同ブランドはボルサリーノ ジャパンが取り扱うセカンドラインでございます。そして私にとってこの帽子は2つ目のボルサリーノとなります。

最初に購入したボルサリーノのパナマ帽はエレガントな印象なので、夏場に多用するには少々躊躇する場面がありました。したがって今回こそはプールサイドなどで使用することなどを前提に、セカンドラインを購入したわけでございます。また、この帽子は中間部分の編みが粗いので頭頂部の熱を逃がすことが可能となっております。

ちなみに同ブランドのサイズに関しては以下の点に注意をする必要があります。
※Borsalino18.57の商品は、通常サイズより0.5cm~1.0cm程小さく仕上がっております為通常サイズより一つ大きいサイズをお勧めしております。

SEEKのフットカバー

イメージ
毎年この季節になりますと、フットカバーの悩みが始まります。最近は春夏物の靴を冬場に履き慣らして春夏のシーズンに素足で履くことにしていますが、それでもフットカバーを履いたほうが快適な場合が多いのが事実であります。そして私の場合、素足で問題なく履けるのはドライビングシューズのみとなっております。

ちなみにフットカバーの問題点はかかと部分が脱げて靴の中で丸まってイライラしたり、先端部分の縫い目が固くて指関節などに当たって痛くなることであります。この2点の問題点をクリアする商品は無いと思っていたのですが、店員さんにSEEKのフットカバーを勧められて先日購入いたしました。


このフットカバーの特徴は開口部のラバーの代わりにストレッチ テープが使用され、先端部分の縫い目が指の下に来るように配置されていることです。また指の根元部分の足底にはクッションが付けられています。価格は税込み1,296円ということで、毎年売り切れるほどの人気である模様です。

サイズは25~27cmのワンサイズですが、23cmの女性でも問題なく履くことができると伺いました。また多くの色の展開があります。履いた印象は同ブランドの下着と同じような薄い感覚で、脱げにくいと思います。

【追記】
オレンジ色のフットカバーは親指部分に爪が原因と思われる穴が開きました(4回ほど着用)。もしかすると単色のものは素材が弱いのかもしれません。

Moschinoのメンズ水着

イメージ
私事ではありますが、近年は今頃の時期からYoox(ユークス・ドットコム:@yoox)において水着を大急ぎで探すことが恒例となっております。水着は女性はもちろん男性にとっても、最後の1枚で勝負を決めるアイテムでございます。したがいまして普段はイタリアン クラシコでカッコ良く決めている男性であっても、水着がカッコ悪いとすべて台無しになる可能性を秘めております。

今回購入したのはポップなデザインが特徴的なMOSCHINO(モスキーノ@moschino)のトランクス型の水着であります。参考までに価格は送料込みで7,725円でございました。サイズは普段のパンツと同じく46(S)でした。ちなみに私は旅行の際には、必ず水着を持っていくようにしております。ホテルの屋内プールであっても水着があれば気軽に入ることができるので、旅行のお供に水着はオススメです。

La Martinaの2色革ベルト

イメージ
Polo競技のブランドであるLa Martina(ラ マルティナ@lamartinapolo)は皮革製品も得意とする分野であり、乗馬ブーツや乗馬用の鞍などのオーダー品も受け付けております。そして多くの皮革製品ブランドと同様にベルトも販売しております。個人的にはアルゼンチンの国旗などを縫いこんだパッチ ベルトを探していたのですが、セール品となっていた2色グラデーション ベルトをアブダビのショッピングモールで購入いたしました。


このベルトの色違いのモデルはドバイのモールで見かけて購入しかけたものの、サイズが長すぎて諦めました。そしてこのベルトも10cmほど長かったのですが、8,000円弱のお値段なので迷いました。そして裏側を見ると、以下のようにベルトの切断作業が容易であることがわかりました。


ダメ元でこの店舗で長さを調整してもらえるなら購入すると伝えたところ、店員さんが引き受けてくれました。さらに急いでいることを告げると30分で作業してくれました。ちなみに国内におけるこのような作業は、カバンや靴のお直し屋さんであれば引き受けてもらえると思います。

イタリア語をはじめました

10月からイタリア語の学習をはじめました。去年ローマを訪れた際には英語で押し通しましたが、やはり次回は現地の言葉で話してみたくなった次第であります。とりあえずイタリア語教室で超初級レベルからはじめ、先週で10回(計15時間)のカリキュラムが終了しました。参考までに教科書は下記でございます。



英語が理解できればイタリア語は簡単でしょう……などと言われますが、それは英語が母国語もしくはそれに近いレベルの方々のお話である印象です。どちらかと言えばフランス語やスペイン語などを習得されている方であれば、英語よりイタリア語に近いので難易度が低いかと存じます。

現時点においては挨拶程度しかできません。数字も100が近くなると怪しくなります。超初級なのにパスタの種類や料理で使う葉っぱの種類が多くて覚えきれません。tiramisù(ティラミス)の「ù」の発音は何回やってもOKが出ません。曜日はまだ出てこないので覚えていません。そんな感じです。

そしてあと20回(30時間)のカリキュラムで上記の教科書は終了するので、その頃には見知らぬイタリア人の方と立ち話程度の会話は成立するかと思います。

DORE DOREの赤い靴下

イメージ
先日、ふと気がついたら古くなった赤い靴下を処分していたことに気が付きました。特に必死に探すほどのことでは無かったのですが、偶然セール品を見つけたので忘れないうちに購入してみました(約1,500円×2足)。DORE DORE(ドレドレ@doredore1819)はフランスの靴下ブランドでございます。私見でありますがフランス製の靴下は高品質でオシャレの印象があります。



ちなみにオシャレをする上で赤い靴下は避けて通れない道でございます。上記のように革靴に赤い靴下を合わせている方々は偶然では無く、明確な意思を持っております。ショートケーキのイチゴが美味しければケーキ本体も美味しいように、靴下以外の服装も洗練されているのだよというアピールなのであります。

Takizawa Shigeruのカシミア ニット帽

イメージ
1万円前後でカシミアのニット帽を探していたところ、Takizawa Shigeruのニット帽がセールとなっていたので1万円弱で購入いたしました。日本製の同ブランドはウェアを中心に展開しており、シルエットが綺麗でLEONなどの男性雑誌によく掲載されております。

実は今年の初めに外気温が氷点下のニューヨーク市を訪れた際、ニット帽が非常に役に立ちました。そのときに頭部の防寒の必要性を認識したのですが、着用していたのがウールのニット帽なので頭部が痒くなるのが不快でありました。そういった理由で痒くなりにくいカシミア素材のニット帽を探していたわけです。

ちなみに頭部の防寒の必要性に関しては頭部から体温の約50%の熱が放出されるとか、いや80%であるなどと言われております。最近の研究においてはそれらは単なる都市伝説であり、実際は体の表面積に比例した7-10%程度であるという結果で落ち着いているようです。

参考:Do We Really Lose Half our Body Heat From our Heads?

サスペンダーのボタンを付けました

イメージ
冬用のパンツにサスペンダー用のボタンを付けようかと思い立ちました。過去には自分で取り付けたものの見事にほつれ、以降お直し屋さんに出しております。ボタンに関しては別途に購入したりしていますが、今回は廃棄処分したパンツのボタンを流用いたしました。

一般的なボタンの取り付け位置としてスーツのパンツはすべて内側、デニムはすべて外側という場合が多いかと思います。カジュアル パンツに関しては決まりがありませんが、私は前が内側で後ろは外側にしています。後ろを外側にする理由は、座ったときにボタンが腰に当たると痛いからであります。

ボタンの間隔は取り付けるサスペンダーにもよりますが、ボタン中心から5cm間隔程度で良いかと思います。また、取り付け費用は1個あたり200円前後といったところです。個人的にはサスペンダーはボタンで吊るした方がカッコ良いと思うのですが、初めて着用するのであればクリップ式でも構わないと思います。