投稿

ラベル(レディース)が付いた投稿を表示しています
YOOX.COM(ユークス) イタリア発ヨーロッパNo.1オンラインセレクトショップ

Pantofola D'oro(パントフォラドーロ)のゴールド スニーカー

イメージ
先日、飼い主(妻)がゴールド スニーカーをYoox(ユークス・ドットコム:@yoox)
にて購入いたしました。確か送料無料で6,000円前後のお値段だったと思います。レディースのゴールドおよびシルバーのスニーカーは街角でもよく見かけ、足元の良いアクセントとなっております。また多くのスニーカー ブランドでもゴールドとシルバーの色は存在しますが、残念ながらメンズでは少ない印象です。

Pantofola D'oro(パントフォラドーロ@pantofoladoro_jp)はイタリアのブランドで、初期はアマチュア レスリング用のシューズを製造しておりました。日本国内には10数年前にサッカー シューズ モデルが入ってきましたがその後撤退し、2~3年前に再上陸いたしました。同ブランドはサッカー シューズの製造でも名声を得ており、近年ではその技術を応用したスニーカーなども製造しております。

今回購入したスニーカーはエナメル風の固めの皮革を使用している関係で、調教に時間を要すると思われます。このブランドに限らず、固めの皮革を使用したローカットのスニーカーは、指の根元で曲がる部分などが当たって痛みが発生する場合があります。したがって慣らしの段階では、ご近所歩きから始めたほうが良いかと思います。

このスニーカーのシルエットはなかなか上品な印象で、白のソールや靴紐と良くマッチしております。メンズがあれば尚良かったのですが、すでにゴールド スニーカーは持っているのでシルバーでも探そうかと計画しております。

La Martinaのスモール トートバッグ

イメージ
3年ほど前に購入したLa Martina(ラ マルティナ@lamartinapolo)のバッグが寿命により壊れたので新しく購入いたしました。アルゼンチンの同ブランドはポロ競技が存在する国を中心に店舗を展開しておりますが、残念ながら日本国内には店舗がございません。

La Martinaはポロ競技のオフィシャル サプライヤーとしても世界的に有名であり、英国王室の方々も競技で着用されておられます。またドイツやイタリアをはじめとしたヨーロッパ諸国にも店舗を展開しており、比較的お求めやすい価格帯のカジュアル ウェアとしても人気があるようです。

今回はイタリアのEbayにおいて約6,300円と送料の約2,700円をプラスした約9,000円で購入いたしました。この商品は新品ではありますが、出荷前に多少の傷があるとの連絡がありました。添付の写真を参照してみましたが許容範囲であったので、B品ということで納得して購入しました。ちなみにイタリアから郵便で発送され、到着まで17日間を要しました。

La Martinaのトートバッグはジップで開閉する製品が多く、これが旅行などで横に倒して置く場合に便利なので気に入っております。単にヨーロッパ市場における防犯対策かもしれませんが、中身がバッグから落ちた可能性を否定できるので安心感があります。

(ざ)残念なレディース コートのホコリ汚れ

イメージ
冬の時期になりますと女性のコート姿を多く見かけます。コートはエスカレーターなどで女性が前にお立ちになると必然的に視界に入ってまいります。そして私はコートの背面のホコリ汚れが気になるのであります。一般的にウール素材のコートはホコリが付着しやすい傾向があります。また比較的安価なコートに多く使用されております。

そういった理由もあって若い女性に多く見受けられるのですが、残念なことにホコリ汚れに気付かれていない方々を見かけるのであります。特に背中側は気が付きにくいのですが、ホコリに加えて謎の短い縮れ毛も付着している場合もあります。恐らくコートを直接ベッドや床の上に置いたことが原因かと思います。

仕事などでお疲れでそういったことには気が回らないのかもしれません。余計なお世話ではありますが、脱いだらすぐにハンガーに掛け、定期的にブラッシングで汚れを落とすことをオススメいたします。

インスタグラムで見る大人のレディース ファッション

イメージ
インスタグラムで参考となるコーディネートの画像は意外と多くありません。理由は自分をカッコ良く見せるためのヤリ過ぎファッションや、同じようなスーツの単なる色違いの羅列などが多いことが原因であると思います。そして最も参考となるのは毎回異なる配色や素材やアイテムなどを組み合わせたコーディネートであると考えております。

そういった観点から探していたところ、レディース ファッションで見かけた@angela_moldovan氏が比較的シンプルで参考になりそうなのでご紹介します。男性ファションの参考にはなりませんが、コーディネート写真の見せ方の参考にはなるとは思います。



参考までにアンジェラ姉さんはルーマニア在住の奥様と思われます。そして仕事着を含めたコーディネートはシンプルでありながら、毎回異なるアイテムを組み合わせております。サングラスやバッグなどのアクセサリの種類も多く、エレガント寄りのコーディネートといった印象です。

La Martinaのレディース ポロシャツ

イメージ
La Martina(ラ マルティナ@lamartinapolo)はポロ競技のブランドなので、男女を問わずポロシャツのラインナップは充実しています。デザインに関しては、実際のポロチーム名やスポンサー名などが入っており、素材も含めて毎シーズン異なっております。


今回購入したのはレディースのポロシャツでございます。購入の決め手はブルーのパイピングと背中の"ARGENTINA"のロゴであります。そして定価800リンギット(約20,000円)のところ、60%オフなどの適用を受けて最終的に271リンギット(約7,000円)で購入いたしました。ちなみにポロ競技は4人で行うスポーツなので、背番号は1~4までしか存在しない模様です。

Massimo Duttiのレディース スニーカー

イメージ
Massimo Dutti(マッシモ ドゥッティ@massimodutti)はZaraの上級ブランドという位置付けでドバイやアブダビなどのショッピング モールの他に、スペインをはじめとした世界各地に店舗を展開している模様です。残念ながら日本における店舗の展開はございませんが、比較的お求めやすい価格のカジュアル系のアパレル商品を販売しております。


今回ドバイのモールで私が同ブランドの珍しいスニーカーを見つけたので、飼い主(妻)が購入に至りました。一般的に本革のパイソンは茶黒のまだら模様でスニーカーの皮革としては今ひとつエレガントさに欠ける印象ですが、純白となると何故かエレガントに見えてまいります。しかしアルビノのパイソンや白く染色したパイソン革を見かけることは少なく、このようなホワイト スニーカーのほとんどは牛革の型押しとなっています。


春夏シーズン モデルということで、スニーカーの内側は素足に対応した布張りであります。ソールには半透明の柔らかいラバーが使用され、かかと部分のゴールドの皮革がワンポイントとなっております。価格は今季モデルのセール除外品で約15,000円でしたが、型押しパイソンのホワイト スニーカーとしては安価な部類に入ると思います。参考までにこのスニーカーに関しては、メンズの展開が無いとのことです。

La Martinaのレディース バッグ

イメージ
La Martina(ラ マルティナ@lamartinapolo)のバッグは今までに海外通販で3回ほど購入しております。いずれもトートバッグでありますが、現時点においても使用を継続しています。そして今回は初めて、ドバイのショッピング モールにおいて実物を見ながらの購入となりました。参考までに当地においてはメンズのバッグをほとんど見かけませんでした。


同ブランドはシーズンごとにテーマを決めたり、ポロチームのモチーフを取り入れることがあります。そしてこのバッグは避寒地をモチーフとし、ヨーロッパ大陸に初めて出店したST. Tropez(サン・トロペ)の名称が付けられたラインとなっております。ちなみに今季の新作ということで、現時点においてこのバッグは実店舗のみの販売である模様です。


La Martinaのバッグは光沢のある皮革を使用したものがあり、それらは比較的グレードの高いラインに属しています。とは言ってもレディースのバッグに限れば10万円を超える商品は無く、このバッグも約46,000円の定価で購入しました。購入の決め手は綺麗なレモンイエローと、実際の価格より高そうに見える外観とのことであります。

La Martinaのトートバッグ

イメージ
海外サイトでLa Martina(ラ マルティナ@lamartinapolo)のバッグを探していたところ、比較的お手頃なものを見つかりました。しかし私の探していたデザインとは少々異なるので飼い主(妻)が代わりに購入いたしました。購入したのはドイツのwardowというサイトでございました。

La Martinaはドイツでも人気があるようでして、イタリアのサイトと同じくらいの頻度で見かけます。しかしセール価格になることが少ない印象です。今回はセールにかかっていたので66.39ユーロで購入することができました。ドイツも付加価値税が課せられた販売価格でしたが、チェックアウト時には税引き後の価格になっていました。

ただし問題は送料でございました。DHLのフラットレートで40ユーロとのことなので一瞬躊躇したものの、それを含めてもお買い得であることは間違いないので合計106.39ユーロ(約14,400円)で購入いたしました。注文確定から到着までは約1週間で、受け取り時における追加の関税はありませんでした。



バッグの外側素材はPVC製で多少の雨であれば問題は無いと思われます。またサイズは36cm×32cm×17cmと一般的な形状のトートバッグであります。そして私が持っている革製のものと違って軽量です。内側は思ったよりしっかりとした作りになっています。



多くのLa Martinaのトートバッグはジッパーで閉じることができます。これは私が気に入っている点で、機内持ち込みなどをする際に中身が出る心配をする必要がなくなります。また外国においてはスリ被害を低減させる効果もあると思われます。参考までにLa Martinaも多くのコピー品が出回っていますが、本物を一度見れば見破れる程度の作りとなっています。

SUPERGAのサンダル

イメージ
ローマにおける買い物はほとんど終わっていた最終日前日に、このサンダルを道端の靴屋さんのディスプレイで見つけました。このレディース用サンダルは妻へのお土産として購入しました。SUPERGA(スペルガ@superga_it)はイタリアのブランドで低価格なスニーカーを主に製造しており、一時期日本から撤退したと思っていましたが近年復活をしたようであります。

このサンダルは30ユーロ(約4,000円)で販売されていましたが、それがセール価格であるかどうかは不明です。私にとってSUPERGAのサンダルを見るのは初めてでしたが、甲と踵部分に伸縮性のある素材が使用されており、またお色や履きやすそうなパイル地が良さそうであったのが購入した要因です。

このサンダルは本人の試着なしで購入しましたが、最後までサイズで悩みました。SUPERGAはハーフサイズが無いので、ワンサイズ前後すると大きすぎたり小さすぎたりいたします。しかもモデルによってサイズ感が異なるので、購入する場合は可能な限り試着をすることをオススメします。結局、最後は目見当で小さめのサイズにしましたが、運良くジャスト フィットでした。

La Martinaのテーラードジャケット

イメージ
このLa Martina(ラ マルティナ@lamartinapolo)のテーラードジャケットは女性用でございます。妻へのお土産なのですが、本人の試着無しでこのようなジャケットを購入するのは勝負でありました。しかしながらヘリンボーン柄で段返り3つボタン、襟はジャージ生地、袖は本切羽仕上げ、さらにエルボーパッチも付いたこの数え役満のようなテーラードジャケットが約160ユーロ(約23000円)というセール価格であったので買わずにはいられませんでした。

見た目は小さめで40サイズとの表記でしたが、通常38サイズを着用する妻でも大丈夫そうでした。それでも不安なので店員のお姉さまたちに試着していただきました。妻と同じような身長のお姉さまたちでありましたが、彼女たちのお胸が大きすぎて参考になりませんでした。ちなみにお店の女性店員さんたちの細いウエストと凶器のような巨大なお胸は一見の価値がありました。


帰国して妻が試着したところ、幸運にもジャストフィットでした。袖がかなり長いかと思ったのですが、着丈が短いための目の錯覚でした。このジャケットは乗馬用としてデザインしてある関係で、ウェスト部分はかなり絞ってありますが動きやすさは犠牲になっていないと思われます。

Tod'sのブレスレット

イメージ
去年、セールでTod's(トッズ@tods)のブレスレットを購入いたしました。アクセサリー類としてのブレスレットは持っていたのですが、それらは少々見かけがチープな感じであり、ジュエリーとしてのブレスレットは高価だったので、その中間のようなブレスレットを探していたところ、このブレスレットに出会いました。このタイプのブレスレットは脱着が容易であり、また汚れも落としやすいので便利に使うことができます。


同じくレディースの皮革製のブレスレットも購入したのですが、このタイプは手首にジャストフィットのサイズですとキツかったのです。かと言ってワンサイズ上にすると緩くて見た目があまりよろしくありません。結局ジャストフィットのサイズにしたのですが、片手で着用できないという事態に陥りました。どうしたものかと考えた末にブレスレットの両端を持ってグリグリしながら引き伸ばしてみたところ、数ミリ伸びました。これを何回か繰り返した結果、今では普通に片手で着用できるようになりました。