投稿

ラベル(アウターウェア)が付いた投稿を表示しています
YOOX.COM(ユークス)

カナダグース (CANADA GOOSE) の本物と偽物の違い【2018年12月】

CANADA GOOSE(カナダグース@canadagoose)は、近年において日本のみならず世界中で人気があるダウンジャケットのブランドでございます。高品質で生産量が限られているので、国内では品薄になることもしばしばあるとのことです。

人気があるブランドの製品は必ずコピー品が出回ります。例えばダウンジャケットではモンクレールのコピー品が最も多く販売されていると思われます。コピー品は粗悪な素材を使用していますがデザインの細部まで再現され、年々技術が向上して本物に近い作りになっております。

そういったなかで@closerlookofficialというインスタグラムのアカウントが、カナダグースの本物と偽物の違いを説明していたのでご紹介いたします。ダウンジャケット単品で比較対象が無い場合にはこれらの写真が参考になるかもしれません。

・ブランドロゴ View this post on Instagram A Closer Lookさん(@closerlookofficial)がシェアした投稿 - 2018年11月月30日午前3時58分PST
ブランドロゴで以前は判別ができたようですが、現在では困難になっています。

・ファー

40代メンズがレザージャケットを着こなすためのガイド

イメージ
Eyewear [BYWP]/ Jacket [Tomorrow Land]/ Gilet [Tagliatore]/ Shirt [Giannetto]/ Pants [Fortela] Location: 丸の内ブリックスクエア

40歳を超えますと油も脂肪も乗ってまいります。若い頃は似合わなかった革ジャンが似合い始める年代でもあります。中でも黒のダブルブレストのライダースジャケットを目指したい方々も多いとは思います。しかしレザー ジャケット デビューをする場合は上記のようなレザーブルゾンが使いやすいと思います。

最近の革ジャンはアメリカ製だけでは無く、イギリス製やイタリア製も多くなっています。日本のセレクトショップの革ジャンも品質やデザインも海外ブランドに劣りません。しかし着用した高揚感を得るためには価格が高めな海外ブランドのほうに軍配が上がると思います。

・皮革は風は通さないが熱を通しやすい皮革は外気温や体温に応じて温度も変化します。例えばバイク乗りの方々が革ジャンを着ているから防寒性があると思うのは大間違いでございます。彼らはスタイルのために寒さを我慢しているのであります。特に革の1枚仕立てのライダースジャケットは、夏は暑くて冬は寒いプレハブ小屋のようなものです。したがって外気温が10℃を下回るような場合、中綿が入ったタイプのほうが着やすいと思います。

・スタンド カラーのライダースジャケットは難しい
上記は私が以前所有していたトイズマッコイのライダースジャケットでございます。このタイプは胸囲と胴囲が同じな上にタイトなデザインなので、シルエットが絞ってあるイタリアのジャケットを着こなす方には胸周りがかなり窮屈です。そしてバイカーっぽい雰囲気が強いので、街ナカにはあまりそぐわない印象です。

・理想と現実は異なる
View this post on Instagram
Alessandro Squarziさん(@alessandrosquarzi)がシェアした投稿 - 2017年12月月8日午前12時38分PST
雑誌などを参考にして上記のような黒のダブルブレストのライダースジャケットを購入したものの、着用してみたら単なる黒光りする太ったオッサンになったということもあり得ます。最低でもテーラード ジャケット+パンツ+革靴のスタイリングができないと、革ジャンをカッコ良く…

40代メンズのダウンジャケットVSコートの選択

イメージ
Sunglasses [Oliver Peoples]/ Down Jacket [Jan Mayen]/ Pants [Reign]/ Sneaker [Alberto Fasciani] Location: 海浜幕張公園

秋口になりますとダウンジャケットが店頭に並びはじめます。雑誌などのメディアもダウンジャケットの特集を組むことが多くなります。そして40代の方々もダウンジャケットの購入に悩むわけでございます。私も過去はMonclerなどのダウンジャケットを購入していましたが、現在ではダウンジャケットにそれほど興味はありません。

東京を含めて降雪が無い日本の都市の冬は比較的温暖です。さらに建物内や地下鉄内は暖房が効いているので薄着でも大丈夫です。とは言ってもコートやダウンジャケットは必要となるので最終的にはカッコ良さを取るか、手軽さを取るかの選択になると思います。そして私は前者を選択いたしました。

・重量コートは重くダウンジャケットは軽いのですが、高価格なダウンジャケットも素材の関係で重くなる場合もあります。長時間着用する場合はダウンジャケットのほうが疲れません。

・フォーマルVSカジュアルダウンジャケットは高価なものであってもカジュアルの分類です。街ナカのビジネス スタイルとしてはコートのほうが適切であると思います。

・防寒性圧倒的にダウンジャケットが防寒性に勝ります。コートの場合、特にインナーが薄いと腕の寒さが気になります。

参考までにイギリスやイタリアのカッコ良いオッサンたちは、コートの着用率が非常に高い印象です。当然ながら気候も影響していますが、ダウンジャケットをエレガントに着こなすことが難しいことも挙げられます。またダウンジャケットはインナーが単調になりがちで防寒性優先のデザインなので、コーディネートに面白みがありません。


View this post on Instagram
Scott Schumanさん(@thesartorialist)がシェアした投稿 - 2018年 3月月7日午前2時37分PST
10万円以上のダウンジャケットであれば、同価格のコートのほうがカッコ良く見えます。モンクレールなどの有名ブランドのダウンジャケットを着用するとお金持ちそうには見えますが、どうしてもエレガントさに欠けます。


意外と人気が出ないParajumpersのダウンジャケット

イメージ
Knit Cap [Takizawa Shigeru]/ Sunglasses [Oliver Goldsmith]/ Jacket [Parajumpers] Location: 合羽橋道具街

PARAJUMPERS(パラジャンパーズ@parajumpers_official)は2006年に創立したイタリアのカジュアル アウター ブランドでございます。アラスカのレスキュー部隊にインスパイアされたデザインや素材は各国の有名人に人気がありますが……日本ではそれほど見かけないブランドであります。

同ブランドコンセプトのひとつとして機能性が挙げられます。特にマスターピースと呼ばれる数種類の定番モデルの前面左側には大きなポケットが取り付けられています。肘のポケットには緩衝材を入れることが可能で、肘を付いた際の衝撃を緩和することができます。そして特徴的な黄色のチンストラップは防寒用ですが、同時にサングラスを保持することもできます。他にも携帯電話ポケットなどもありますが、総じて多くのポケットが取り付けられています。

過去には伊勢丹新宿店で取り扱いもあり、男性ファッション誌などでも取り上げられたこともあるのですが爆発的なヒットとはならなかった模様です。参考までに海外では偽物が出回るほど人気があるようです。そして現在ではmatopo(マトポ@matopo_official)が都内や関西圏で主に取り扱っております。


上記のダウンジャケットは2008年頃に購入したGOBIと呼ばれるモデルです。これはマスターピースのモデルなので現在でもほぼ同じデザインが継承されています。冬季のフィールドに出ていた頃は結構活躍しましたが、現在では他のアウターの活躍の影に隠れております。

同ブランドは実用性も兼ねてはおりますが、街ナカで着用するにはカジュアル色が少々強い印象です。その点においては同じような価格帯のカナダグースのほうがスーツにも合わせることが可能です。恐らくそのあたりが、今ひとつ人気が出ない理由かもしれません。また国内のラインナップも限られており、すべてのモデルを取り扱っているわけではありません。

コーディネートに関してはデニムと合わせるとかなりカジュアル色が強くなり、冬でも気温が高い東京などではあまりエレガントには見えません。私も長期間このジャケットとデニムを合わせてカジュアル スタイルで…

40代メンズ コートの選び方のヒント

イメージ
Sunglasses [Tom Ford]/ Scarf [Roda]/ Coat [Gabriele Pasini]/ Pants [Waimea Classic]/ Boots [Alberto Fasciani] Location: カフェ・ミケランジェロ

ウィンター コートは外見が一気にグレードアップする数少ないアイテムでございます。特に身長が高い方は種類の選択肢が広く、よく似合うので冬は積極的に着こなしていただきたいと思います。また近年は膝丈の短いコートも多いので、平均的な身長の方でもうまく着こなすことが可能です。

コートのブランドに関しては万人向けのブランドは存在しないので、スーツと同じブランドで構わないと思います。手っ取り早いのはベージュのトレンチ コートであり、バーバリーなどであれば外れることは無いと思います。ちなみに通販で勝負するようなアイテムでは無いので、購入に際しては試着が必須となります。

・ジャケットの有無
View this post on Instagram
MNSWRさん(@mnswrmagazine)がシェアした投稿 - 2018年 3月月22日午後1時39分PDT ジャケットの上に着用する場合はワンサイズ上げても良いかもしれません。特にイタリアのブランドのコートはアームホールが小さいので、ジャケットの上から着用すると腕の動きが制限されます。そういった場合は薄手の生地を選択すると良いと思います。ジャケット無しの場合はインナーで調整が可能なので、普段と同じサイズで大丈夫です。

・サイズ