投稿

2018の投稿を表示しています
YOOX.COM(ユークス) イタリア発ヨーロッパNo.1オンラインセレクトショップ

40代メンズのカプリシャツという選択

イメージ
カプリパンツは良く耳にすることが多いかと思いますが、カプリシャツもTシャツ嫌いなオシャレなイタリア人のリゾート ウエアとして定着しているようでございます。オリジナルのカプリシャツはリネン素材とフック留めボタンの7部袖といった形状ですが、現在では異なる素材や袖の形状も見受けられます。

カプリシャツは一見すると長袖ポロシャツと同様に見受けられますが、ポロシャツの襟の形状(レギュラー カラー)や袖口(リブ編み)や素材(厚手のコットン)などの違いがあります。一般的にカプリシャツは夏季に着用するカジュアル ウェアですが、今年のような日本の夏ではリネン素材であっても暑すぎるので、秋口あるいは初夏が適していると思います。

View this post on Instagram Danilo Carnevaleさん(@danilocarnevale)がシェアした投稿 - 2018年 6月月24日午前1時01分PDT
このシャツは良く言えばリゾート ウエアですが一歩間違うとオッサン臭いシャツ、あるいは映画に出てくる東南アジアの謎の華僑のボスといった雰囲気になってしまいます。特に7部袖はその傾向が強くなるので、長袖の腕まくりのスタイルがよろしいかと思います。そして着こなすためにはある程度の貫禄が必要なので、若者さんたちより40代向けといった印象です。

Fortela(フォルテーラ)のアイボリー デニム(6本め)

イメージ
4本めでやめると言っておきながら、6本めを購入してしまったfortela(フォルテーラ@fortela_)のパンツでございます。そして今回はアイボリーのダメージデニムということで、去年の8月から約1年で同ブランドのパンツを6本揃えたことになります。

私は同じブランドのパンツを連続して購入することが多いのですが、フォルテーラに関してはセールなどのタイミングが重なった理由とは他に、シルエットが良かったことが挙げられます。同ブランドのコットン100%パンツの履き心地は楽ではありませんが、気分が高揚するパンツであります。

今回も前回と同様にYoox(ユークス・ドットコム:@yoox)において90%オフのキャンペーン中に購入いたしました。ちなみに同サイトでは年に2回ほど、破格の在庫処分セールを行う模様です。最新モデルにこだわらない方であれば、そういったキャンペーン中にお買い得なアイテムが見つかるかもしれません。

View this post on Instagram Alessandro Squarziさん(@alessandrosquarzi)がシェアした投稿 - 2018年 8月月22日午前9時19分PDT
JOHNと呼ばれるこのモデルは、ブランド名の刺繍などから2年以上前のモデルと思われます。生地は薄手で、裾幅は約20cmと広いのですが太ももはタイトな感じです。またシルエットは、デザイナーのアレッサンドロ・スクアルツィ氏が上記で着用されているものとほぼ同じ印象です。


ダメージ加工は残念ながらアイボリーのデニムではあまり目立ちません。サイズは前回のデニム同じく30インチ(イタリアのSサイズ)で、ジャストでした。参考までにお尻や太ももが大きい方は2インチ上げたほうがよろしいかと存じます。

【関連記事】
Fortela(フォルテーラ)のデニム パンツ(5本め)
Fortela(フォルテーラ)のネイビー パンツ(4本め)
Fortela(フォルテーラ)のホワイト デニム(3本め)
Fortela(フォルテーラ)のパンツ(2本め)
(そ)想像を超えるFortela(フォルテーラ)のパンツ

ハンティング ベストの着こなし

イメージ
ハンティング ベストは、よほどの理由が無い限り購入しないアイテムかと思います。実用性に関してはポケットの多いものが適切ですが、街ナカでカッコ良く着こなす場合は苦労いたします。そこまでしてハンティング ベストにこだわる必要は無いのですが、私の場合は買ってしまったものは仕方がないという理由もございます。

コーディネートな色々試してみましたが、質感の理由によってジャケットやコートには合わず、ネクタイなどのアイテム類も厳しく、結局ハンティング ベストを前面に出す以外の方法が見つかりませんでした。それでも出っ張ったポケットが多いフィッシング ベストなどよりは、街ナカでもなんとか行けそうでした。

着こなしの際に最も有効と思われたのが、ワンウオッシュのデニムやベストと同色のパンツと合わせることでした。またTシャツと合わせると釣り人&親方風味になるので、長袖シャツあるいは長袖Tシャツが良いかと思います。いずれの場合も、実用性よりデザイン性を優先したハンティング ベストが前提となります。

当然のことながら多くのハンティング ベストは茶色が主であり、上記のセージ色よりは合わせやすいと思います。また、春や秋のアウトドアといった状況であれば、違和感なく活躍できると思います。いずれにしろ、ハンティング ベストを購入する際には用途を明確にしてからのほうが良いかと存じます。


参考までに実用的なハンティング ベストとしては上記のようなものがございます。両方のポケットにはそれぞれ25発の弾薬を収納することが可能です。そして仲間からの誤射を防ぐためのオレンジ色も使用されています。またガンパッチと呼ばれる肩のパッドは衝撃を吸収するためのものではなく、銃床の滑り止めが主な役目となっております。

ダブルジャケットとTシャツの組み合わせ

イメージ
Tシャツにはブルゾンを組み合わせたほうが簡単でございます。しかしテーラードジャケットと組み合わせてみたい場合もあるかと思います。これは洋の東西を問わず、若者さんたちに見受けられるコーディネートかと思います。そして彼らのほとんどは薄手のシングルブレストのジャケットを組み合わせております。

テーラードジャケットとTシャツのスタイルは明らかにカジュアルスタイルなので、前ボタンを留める意味はそれほどありません。また、ボタンを留めると胸元が寂しくなるのでボーダー柄のTシャツと組み合わせたりするわけでございます。

そうした場合はダブルジャケットと組み合わせると違った印象になります。前ボタンを留めても胸元のTシャツの面積が小さいため、白無地などのTシャツでもある程度サマになります。また近年のダブルジャケットはウエストが絞ってある位置が高めなので、シングルジャケットよりシャープなシルエットな外観になります。

View this post on Instagram Justus Frederic Hansenさん(@justusf_hansen)がシェアした投稿 - 2017年 6月月17日午後12時45分PDT
上記のスタイルのは、前ボタンを外すと上半身が大きく見えるので、下半身は細いデニムを着用しています。またジャケットはカジュアル感を出すために腕まくりをしています。これはネイビー&ホワイトの基本的な2色コーディネートなので、アイテムをお持ちの方であれば40代でも十分挑戦する価値はあると思います。

40代メンズ カーディガンの着こなし

イメージ
40代がカーディガンを着こなす場合、若者さんたちに見られる長め&緩め&前ボタン開けのブルゾン風のスタイルでは目的不明な休日ファッションとなる可能性があります。目安としてはカーディガンの上にテーラードジャケットを着用することを想像すると、簡単にコーディネートできると思います。そういったわけで注意点を以下に記してみました。

サイズ前ボタンをすべて閉じた時にシワが寄らない&胴部分にたるみが無い。
素材高級感=カシミア>ウール>化学繊維。重量感があるものは縦に伸びる可能性がある。
色柄物より薄めの単色のほうが使いやすい。
着丈袖丈より短く、パンツの股上の半分ほど。
袖丈着丈優先なので長くてもOK。長袖シャツのチラ見せ&カーディガンごと腕まくりもアリ。
前ボタンすべて閉じる。ただし一番下を開けると下部のダブつきが軽減される。

View this post on Instagram The Bespoke Dudesさん(@fabioattanasio)がシェアした投稿 - 2017年10月月13日午前8時45分PDT
カーディガンはオフィススタイルでも使用可能であり、テーラードジャケットやスーツと一緒にに着用したり、コート単体と組み合わせる方法も考えられます。例えばアームホールが大きく開くなどしたサイズが合わないニット ジレより、サイズが合ったカーディガン+腕まくりのほうがスッキリ見える場合もあります。

また、ざっくりと編まれたローゲージニット製のカーディガンの防風性は無いに等しいので屋外の単体着用は寒いかもしれません。防寒という観点では、カーディガンは屋内用と考えたほうがよろしいかと存じます。

黒色革靴VS茶色革靴=9:1と言った感じです

イメージ
茶色の革靴はグレー スーツに合わせるなどと聞きかじり、挑戦する方もいらっしゃるかと思います。また若者さんたちにおかれましては、他人と違うスタイルということで茶色の革靴を購入される場合もあるかと思います。私もそれらの道は通っておりますが、結局のところ以下のような理由で茶色の革靴は必要ないとの意見に落ち着きました。

・日本の気候に合わない茶色は水分による染みや傷などが目立つため、夏季の高温多湿や雨が多い日本の気候においては通年使用が難しいと思います。
・メンテナンスが必須茶色は経年で色あせが発生します。そして手入れを怠ると表面が乾燥するなどしてみすぼらしい外観になります。
・スーツのデザインは黒革靴に合わせてあるいかなるスーツも黒革靴であれば必ず合います。

茶色の革靴をお召しになっている方々を都内の電車でお見かけしますが、カッコ良く履かれている方は少数でございます。それらの革靴の多くは半分色あせていたり、傷だらけであったり、経年で変形していたりします。黒色であればそういった外観はそれほど目立たないのですが、茶色はどうしても避けられません。

高級革靴であっても、茶色(特に薄い色)は色あせが起こります。補色する方法もあるのですが、色あせた茶色は「味」としては程遠い印象で、テンションが下がることがあります。一方でボルドー色に近い濃い茶色はそれほど色あせが無く、合わせやすいと思います。

そういった困難を乗り越えて茶色の革靴を履くのも良いかもしれませんが、茶色の革靴はコーディネートで目立つ存在なので、黒色の革靴より入念にお手入れをする必要があります。またパーティー シーンやフォーマル シーンにおいては避けたほうがよろしいかと存じます。

ピッティ ウオモ 94の現地の様子を紹介する動画

イメージ
What is Pitti Uomo? | Best Italian Menswear Inspiration

Pitti Immagine Uomo(ピッティ ウオモ@pittimmagine)は、フィレンツェにおいて年に2回開催される世界最大の紳士服見本市でございます。この見本市は47年の歴史があり、今年の夏の開催が94回目ということであります。

本来はファッション関係のバイヤーの方々が来場して新シーズンのアイテムの買い付けなどを行うイベントですが、近年は会場入口付近に集まるファッショナブルな男性の方々とともにファッション フェスティバルの様相になっているとのことです。

日本ではスナップ写真などでイベントの様子を断片的に見ることができますが、全体的なものが少ないので偶然見かけた上記の動画をご紹介いたします。ちなみにピッティ ウオモの会場は1537年に建設されたFortezza da Basso(バッソ要塞)の内部でございます。

一分の隙も無いファッションに身を包んだ方々のお姿は写真では伺えるものの、ピッティ ウオモは機会を見て一度は現地を訪れてみたいものでございます。ついでにフィレンツェ周辺部も見て回りたいので、それまでに日常会話+くだらない話レベルのイタリア語を習得したいと思っております。

40代メンズが合わせやすいワン ウォッシュ デニム

イメージ
デニムの色や種類は様々でありまして、年齢によっても使いやすいデニムは変化してまいります。若い世代であればダメージド デニムも着こなせても、それは40代になりますと少々痛々しい外観となります。またバギーのような膨張したシルエットのデニムも厳しいものがございます。そして結局のところ、40代のデニムはテーラードジャケットと合わせられるかどうかが判断基準と言っても良いかと思います。

色に関してはネイビーなどの濃い色が使いやすい印象です。それらはまたIndigo Blue(インディゴ ブルー)、One Wash(ワン ウォッシュ)、暗い色を残して洗った意味のDark Wash(ダーク ウォッシュ)、軽く糊を洗い流した意味のRinse Wash(リンス ウォッシュ)などとも呼ばれています。そしてこれらの名称はデニムの製造技法の変化に伴って多様化している模様です。

参考までに黒デニムは意外とテーラードジャケットには合わせにくい上、見た目がデニムらしくないので難しいアイテムです。逆に白デニムはテーラードジャケットにも合う非常に使いやすいアイテムです。


素材はコットン100%をおすすめします。ポリエステルが含まれたストレッチ デニムの履き心地は楽ですが、膝部分が抜けやすくシルエットが崩れやすい傾向があります。特に薄い素材はそれが顕著になります。逆にコットン100%の履き心地は楽では無く、体に馴染むまでに時間を必要としますが、最終的には経年変化でカッコ良くなります。

シルエットはストレートで、18~20cmの裾幅が最も使いやすいと思います。サイズ合わせは食後の状態で、一番上のボタンがギリギリで閉じるサイズが40代では最も安全かと思います。そしてどうしても太ももやお尻がキツくて入らない場合、素直にストレッチ デニムを選択したほうがストレスが無いと思います。

Alessandro Squarziさん(@alessandrosquarzi)がシェアした投稿 - 2018年 6月月4日午後10時45分PDT
最後に重要なのが裾の長さです。昔のワン ウォッシュ デニムは裾を10cm以上折り返したキレイめのアメカジ スタイルで見かけることが多かったのですが、そのスタイルではテーラードジャケットに合いません。デニムとテーラードジャケットと合わせる場合はイタリアン スタイルが適切であると思います。

YOOX 半期に一度のビッグセール 【4日間限定】

イメージ
近年は日本語でも表示されている海外通販サイトも増えてまいりました。また多くのそうしたサイトは返品可能であります。私が10年ほど利用しているユークス(yoox@yoox
は最新モデルは少ないものの、場合によっては格安で型落ちモデルを購入することが可能です。そしてYooxが半期に一度と銘打ったセールを、本日から行うとのお知らせがあったのでご紹介いたします。

私の経験上、Yooxにおいて日本との価格差が大きいアイテムはパンツであると思います。一般的に購入したパンツは2年以上着用することが多いので、2年前の型落ちモデルでも特に問題はありません。さらに国内では円安の影響もあってイタリア製パンツの価格は近年上昇を続けています。

しかしイタリア製のパンツは履き心地を犠牲にしてデザインを優先している場合があります。したがってお尻が大きいとか、ふくらはぎや腿が太いといった方には合わないこともあります。とは言っても送料込みの5,000円以下のパンツなどであれば、イタリア製のパンツを試してみるのも良いかもしれません。

購入する際のパンツの表記の目安としては素材の「コットン 100%」は伸縮性がゼロです。「コットン98%/ポリウレタン2%」はストレッチ素材ですが、生地の厚みなどによってストレッチの度合いが異なります。「テーパード」は膝から下が細くなっています。裾幅16~17cmは一般的な40代男性では細すぎるので、18~19cmが適切と思われ、20~22cmは全体的に太めのシルエットが多い印象です。

サイズはジーンズ サイズとイタリア サイズがあるので注意が必要です。イタリア サイズは44~56の偶数表記で、44(XS)46(S)48(M)50(L)…となっています。日本サイズに換算すると46がMとなります。デニムの場合はサイズに迷ったら1インチ小さいサイズを選択すると、履いているうちに丁度よいサイズになることが多いと思います。

Incotex(インコテックス)
日本国内ではPT01と並んで有名なイタリアのパンツブランド。国内セール価格15,000円~

Incotex Red(インコテックス レッド)
インコテックスのカジュアル ライン。国内セール価格15,000円~

PT01(ピーティーゼロウーノ)
かなり販売が好調なようで、数年前に日本法人が立ち上がりました。国内セール価格18,000円~

P…

ファッションと幾何学の四色定理の関係

イメージ
四色定理とは「平面上のいかなる地図も、4色あれば隣接する領域を異なる色で塗り分けることが可能」という幾何学の定理であります。また、この定理は背理法で証明されていることから美しくない証明方法とも言われております。下記はは四色定理を適用した世界地図です。そしてファッションも平面で捉えると、地図と同じと言えます。実際に四色定理はカモフラージュ柄などでも使用されております。


しかしながらこの定理をファッションのコーディネートに応用した場合、4色あれば個々のアイテムの色は重なりませんが、色の数が多すぎる印象となります。そしてファッションにおいては3色が基本の数と言われております。参考までにファッションの数学的なアプローチとしては、アイテムの種類ごとの分類を色ごとの分類に変えるのは素因数分解の考え方と同じと言えると思います。

メンズ ファッションにおいてはジャケット・シャツ・ネクタイ・パンツが中心的な4アイテムとなります。したがって3色でコーディネートする場合は2つのアイテムが同色となります。その場合はジャケットとネクタイ、シャツとパンツ、あるいはネクタイとパンツのように離れた2箇所を同色にするとまとまった外見になるかと思います。

giampaoloさん(@giampaolo_alliata)がシェアした投稿 - 2018年 4月月15日午後9時57分PDT
また下記のようにベルトやバッグなどのアクセサリ類の色を同じにすることも有効な方法です。よく言われているベルトと革靴の色を同じにするというのも、この方法と同様の考え方かもしれません。

Franco Mazzetti - Florenceさん(@franz_1955)がシェアした投稿 - 2018年 8月月17日午前10時15分PDT
スーツ スタイルにおいてはネクタイが重要なアイテムとなります。例えばスーツと同系色を含むネクタイの色柄を組み合わせると、ネクタイが浮かび上がることを防ぐことができます。したがってジャケパン スタイルでネクタイを選ぶ際にはジャケットのみならずシャツやパンツの色も考慮すると良いと思います。

MNSWRさん(@mnswrmagazine)がシェアした投稿 - 2018年 4月月25日午前1時05分PDT
個人的には色の数が多すぎるコーディネートを「オシャレ好き」、少なくてもカッコ良いコーディネートを「オ…

Fugàto(フガート)のシアサッカー ダブル スーツ

イメージ
シアサッカー生地のジャケットは涼しげに見えて便利なアイテムではあるものの、残念ながら摂氏40度近い気温の日本の夏では涼しげに見えることはありません。しかし価格帯も比較的低いので購入しやすく、40代の皆様においては1着は持っていても損はありません。そしてコットンの白シャツとネイビー タイを組み合わせれば、簡単に素敵なオジサマに大変身でございます。


Fugàto(フガート@fugatoitalia)は南イタリア発祥のブランドで、シルエットが綺麗でありながら10万円以下のテーラードジャケットなどを中心に製造販売しております。国内においては各百貨店や各セレクトショップで取り扱いがあります。ラペル ピンのてんとう虫はブランド アイコンをかたどったものです。


ジャケットの体型を示すDropは7ですが、程よく絞られている印象です。またジャケット前面にはシワ伸ばし加工が施されており、これは恐らくダブル ジャケットのラペルの形状を維持するためのものかと思われます。さらに貝ボタンが多いシアサッカー ジャケットには珍しく、メタル ボタンが使われています。


パンツはテーパードでは無く、腰回りも比較的ゆったりしています。裾の処理は悩んだのですが、ダブルだと重い印象なので軽快に見えるたたき仕上げにしました。

このダブル スーツはセールで購入したものですが、定価は10万円ほどであります。用途は特に考えていませんが、最も威力を発揮するのは海外旅行時といった感じです。特に現地の高級っぽいレストランの昼食には最適でございましょう。ただし細かいストライプ柄なので、写真にはモアレ ノイズが出る可能性があるので注意が必要と思われます。

Wales Bonner × Chapalのデニム

イメージ
WALES BONNER (ウェールズ ボナー@walesbonner)は2016年に創立したイギリスのモード ブランドでございます。デザイナーは女性ですが、メンズもレディースと同様に展開している模様です。[ファッションプレス]ウェールズ・ボナー 店舗・取り扱い一覧

CHAPAL(シャパル@chapal1832)は1832年(天保3年)に創立したフランスの老舗レザー ブランドでございます。国内の取り扱い店舗はLE GARAGE(ル・ガラージュ)、Rocks@rocks_horie)およびカヴァレリア 大阪店となっております。

ウェールズ ボナーは新しいブランドで、まだそれほど認知度は高くありませんが、シャパルは世界中のクラシック カー コレクターの間では有名なブランドでございます。同ブランドは現在でも往年のクラシック カーのレーシング スーツや、プロペラ戦闘機の乗務員のレザー ジャケットなどを製造しております。


その2つのブランドが2017年にコラボレートし、シャパルの皮革を使用したアイテムをウェールズ ボナーのブランドで展開いたしました。そしてこのデニムは2017年秋冬モデルで発表され、約14万円の価格で販売されました。シャパルによる羊革が前面両ポケット部分と背後腰部分およびパイピングで使用された豪華なデニムでございます。

私がこのデニムの存在を知ったのは今年初頭でしたが、その時点ですでに販売は終了しておりました。また国内の取り扱い量も少ないと思われ、非常に気になっていたものの入手は難しいと予想しておりました。そして何とか国内外の通販サイトなどで探してみたのですが、結局世界中でサイズ違いの2点が存在するのみでした。


そのデニムが先日、ユークス(yoox@yoox)においてセールになっておりました。ブランド名などでは探せないブラックホール的な場所に眠っていたのでございました。またプロモーション中ということもあってかなり破格のお値段であり、これを見逃すわけにはいきませんでした。ちなみに商品は写真で確認しただけなので、自宅に到着するまでは少々ドキドキいたしました。


念願のシャパルのアイテムである点と、去年1年限りの生産という点において、このデニムは私にとって10年に1度レベルのお買い物と言えるかと思います。ちなみにシャパルはデニムも生産しておりますが、皮革は使用されず…

私のYoox Dream Boxリスト(2018/08/26)

イメージ
ALBERTO FASCIANI レースアップシューズ
サイズ40・31,100円・国内未発売。恐らく馬革。ボーダーライン15,000円。

ALBERTO FASCIANI スニーカー
サイズ40-42・23,900円・国内未発売。ボーダーライン7,000円。

BEVILACQUA ジレ
サイズS-M・15,300円。背中の生地が綺麗。経過観察中。

CALIBAN ストライプ柄シャツ
サイズ38・5,500円・国内未発売。何かで必要になれば。

CANTARELLI スーツ
サイズ46・47,700円。パンツの裾幅が広いのがちょっと気になる。経過観察中。

CANTARELLI スーツ
サイズ46・24,300円。シルエットがちょっと微妙。プローモーションで17,000円になったことがある。経過観察中。

CHURCH'S モカシン
サイズUK6・36,400円。とりあえず入れている。

COAST WEBER & AHAUS デニムシャツ
サイズS-M-XL・22,300円・国内未発売。とりあえず入れている。

COAST WEBER & AHAUS 無地シャツ
サイズM-L-XL-XXL・7,800円・国内未発売。4,000円以下になれば。

DOPPIAA タートルネック
サイズ46-48-50-52・32,800円。経過観察中。

DOPPIAA スーツ
サイズ46-48-50-52・93,600円。経過観察中。

DOPPIAA コート(3色)
サイズ46-48-50-52・98,200円。経過観察中。

DOPPIAA コート
サイズ46-52・103,200円。経過観察中。

DOPPIAA スーツ
サイズ46・43,000円。ボーダーライン15,000円。

DRUMOHR タートルネック(2色)
サイズ46-48-50・23,200円。とりあえず入れている。

DSQUARED2 スニーカー
サイズ39-40-41-42-43・31,400円。パイソン型押し。できれば1万円台。

ELEVENTY ブレスレット
サイズM・7,200円。とりあえず入れている。

ERNESTO テーラードジャケット
サイズ46-48-50・42,000円。経過観察中。

FORTELA ジーンズ
サイズ30・23,000円。経過観察中。

FORTELA ジーンズ
サイズ30・32,500円。経過観察中。

HYDROGEN デニムシャツ
サイズM・12…