投稿

2018の投稿を表示しています
YOOXからプライベートレーベル、8 by YOOXがデビュー!!

朱色のファッション アイテムの使い方

イメージ
Sunglasses [Tom Ford]/ Jacket [Boglioli]/ Shirt [Hydrogen]/ Pants [PT05]/ Shoes [Paraboot]

朱色はオレンジより赤に近い色ですが、ほぼオレンジと言った感じです。この色のファッション アイテムは差し色としては使えるのですが、面積が大きくなるとコーディネートが難しくなります。したがって朱色のアウター類などは売れ残ることが多く、セール価格に釣られてうっかり購入するとクローゼットの奥深くに眠る可能性があります。

朱色のアウター類と組み合わせる色は、現時点においては黒や白またはネイビーなどの青系が良いかと思います。しかしベストといった感じでは無く、かと言って色や柄を増やすと舞台衣装と化してしまいます。そういった意味においては、マジシャンなどの舞台で活躍する方々には似合うかもしれません。いずれにしろ朱色のファッション アイテムの購入には注意が必要です。

・アウター類
View this post on Instagram
Fabrizio Di Paoloさん(@fabriziodipaoloph)がシェアした投稿 - 2018年11月月4日午前6時29分PST
朱色のコートはガッツ以外の何物でもありません。コートに負けないチョークストライプのスーツが良い感じです。また同色ネクタイがバランスを取っています。女性の場合の朱色コートは男性より難易度が下がると思います。

・ニット類

イヤらしさ満点モデルのセバスティアーノ グアルディさん

雑誌などで見かける日本人男性のスタイルは、脂が抜けたキレイ系ファッションといった印象です。同じキレイ系でもイギリスや東南アジアの場合は脂が乗っております。そして脂ギッシュなイヤらしいスタイルを最も多く見かけるのがイタリアでございます。これらの違いは具体的にはヒゲや筋肉といった男性らしさであり、日本の場合は異性をあまり意識していないスタイルとも言えるかもしれません。

View this post on Instagram Robert Spangleさん(@thousandyardstyle)がシェアした投稿 - 2018年 6月月13日午前3時17分PDT
上記は2018年のピッティ・イマジネ・ウオモにおけるファッション スナップで、久々の大物登場といった感じでございます。ファッションのスタイルは服以外にも個性が重要なのですが、中でもセバスティアーノさんのように長髪・ヒゲでワイルドな方はなかなかお見かけしません。

チェック柄アイテムは苦労の割に報われない

イメージ
Sunglasses [Tom Ford] Shirt [Del Siena] Gilet [Etro]

私はチェック柄シャツは若者さん専用と考えております。そしてシャツに限らずこの柄はコーディネートの主役にするしか方法がありません。下手にネクタイと合わせると胸周りがうるさいコーディネートになります。また色を多用したチェック柄は高級感に欠ける見た目となります。

一言にチェック柄と言っても種類があり、上記はギンガムチェック柄のシャツでございます。細かいチェック柄であれば、組み合わせを考えれば何とかなると思ったのですが未だに何とかできないのであります。結局のところ、そこまで苦労してチェック柄シャツと戦う必要は無いとの結論に至っております。

ちなみに下記は欧米ではよく見かける2つのチェック柄でございます。一般的にチェック柄のコーディネートは、残りのアイテムをシンプルな無地にすると上手に決まると思います。逆に、白Tシャツ+前ボタンを開けた薄暗い色の長袖チェック柄シャツ+緩めのチノパンツなどのコーディネートは避けたほうが無難です。

・ブラックウォッチ柄(ドレス スタイルでも可)
View this post on Instagram
Graciela Morenoさん(@graciela.news)がシェアした投稿 - 2018年 3月月20日午後7時15分PDT
英国由来の青+緑のブラックチェックは伊勢丹の柄としてのほうが国内では有名かもしれません。パンツに関しては女性のほうがよく似合う印象です。ジャケットはあまり見かけませんが、コートなどのアウター類では時折見かける柄です。いずれにしろ記憶に残る柄なので、ヘビーローテーションには向きません。

・バッファローチェック柄(カジュアル スタイル推奨)