投稿

2月, 2015の投稿を表示しています
YOOXからプライベートレーベル、8 by YOOXがデビュー!!

イタリアからの個人輸入について

イメージ
私は時として革靴などを見ず知らずのイタリアのサイトから個人輸入いたします。以前は円高でお買い得な商品もあったのですが、最近はそれほどではありません。また、商品が送られてこないなどのトラブルに遭遇したこともありません。そういった意味においては、海外発送を行っているイタリアのお店は比較的真面目な印象です。

とは言っても念の為に支払いはPayPal(ペイパル)を利用しています。PayPalにクレジットカードを登録すると支払いを代行してもらえるので、クレジットカード番号を相手に渡す必要がありません。ただしPayPalの為替レートは高めなので、クレジットカード会社のレートを利用するオプションを常に使用しています。

日本への海外発送は、多くのオンライン ショップで行っています。発送方法はEMSなどの国際郵便またはDHL・Fedexなどの国際宅配便となります。どちらの場合も概ね1週間ほどで手元に到着いたします。料金は国際郵便で約20ユーロ~、国際宅配便では~60ユーロと開きがあるので常に送料を考慮する必要があります。

さらに送料に加えて関税がかかる製品があります。特に革靴の税率は高く、概ね3万円までは消費税を加えて6,000円ほどの関税が発生いたします(金額にかかわらず1足につき最低4,300円)。関税を含む諸費用は、商品到着時に国際郵便または国際宅配便の業者に支払います。そして私は返品や交換の際の関税の取り扱いが面倒になりそうなので、基本的に返品や交換をいたしません。

そういったことを考慮すると私が良く利用するYoox(ユークス・ドットコム:@yoox)や、まだ利用したことがないLUISAVIAROMAは関税込みの値段なので、割引率の高い革靴などはお買い得と考えらます。参考までに革靴などの関税の撤廃が去年話題に上がりましたが、残念ながら現状維持ということに落ち着いたようです。

ちなみに海外通販は楽天のボッタクリ転売屋さんも利用しております。そういった業者は在庫を持たずに注文が入ると、その商品を海外サイトから取り寄せて国内で転送いたします。お値段も海外サイトの5割増し以上の表示となっております。また商品の画像も海外サイトの無断転載なので、画像検索で元のサイトも判明いたします。そして当然ながら国内にもかかわらず注文から商品の到着まで1週間以上を必要といたします。

Santoniの革靴を個人輸入しました

イメージ
【2016年6月改定版】

ビジネスにおける男性用の黒革靴は、内羽根式のストレートチップが基本となっております。理由は冠婚葬祭を含む正式な場所でも使用ができる汎用性の高さであります。参考までに爪先の縫い目が直線であることから日本ではストレート チップと呼ばれていますが、アメリカなどではキャップを被せたような爪先ということでキャップ トウ(Cap Toe)と呼ばれることが多いと思います。

今回購入したSantoni(サントーニ@santoniofficial)の革靴は実は2足目であります。ちなみに同ブランドの革靴は作りが大きいというのが定説となっております。それを考慮して前回購入したのは今回と見た目が同じでワンランク下のモデルで、足の実測でUKサイズ5.5に対して4.5という無謀に小さい革靴でありました。

当時購入したのは実店舗のセール品で、3万円ほどのお値段であったと記憶しております。試着時には何とか靴に足が入ったので大丈夫かと思われたのですが、履きこむほどに両小指の爪の負担が増して最後には内出血をいたしました。それでも大して役に立たないシューストレッチャーなどを使用して悪あがきを試みましたが、最終的に諦めて15,000円(予想外の高値)で売却しました。

そういった経緯もあって、黒のストレートチップを1年以上探し続けておりました。しかし使用する機会は少ないものの、正式な場面での使用が前提なのである程度の品質や外見を重要視する必要がありました。さらに国内における定価が6万円以上の商品で、なおかつ販売価格が3万円以下という条件で国内外のサイトを探しました。

最初はイギリスのChurch'sを中心に探しましたが、円安の影響などで4万円以下での購入は不可能でした。そしてようやく先日、イタリアのB-exitというサイトで上記のモデルを見つけました。価格が172.5ユーロ(約21,000円)で、これに送料(19ユーロ)と関税が加わる計算です。参考までに品番の表記はMCDUP6981JB1IVINN01となっており、国内価格は7万円~8万円であると思われます(定価365ユーロ・約44,000円)。


サイトの説明によると199ユーロ以上の購入は送料が無料となり、さらにクーポンの使用で10ユーロ オフの特典が付いていました。しかし送料を無料にするには金額が足らないので、飼い…

40歳代のスニーカー選び

イメージ
最近は40歳代でもカッコ良く履けるスニーカーの種類も増えてまいりました。履きやすさと見た目のバランスから言えばNew Balanceが良いと思います。またスポーツ系ブランドのスニーカーも安価でカッコ良いものもあります。そして今回取り上げるブランドは、すでにそういったスニーカーを履いた経験がある方に向けたものであります。

参考までにヨーロッパのブランドの場合、試し履きが必須でございます。特に私のように踵が細い方は、踵が抜けやすいスニーカーは避けた方が無難です。そのようなスニーカーは、紐をどのように結んだとしても踵が落ち着くことはありません。また雨天時の使用も考慮する場合は皮革製をオススメいたします。

Diadora Heritage(ディアドラ ヘリテージ@diadoraofficial
イタリアのスポーツ シューズ ブランドから派生したスタイリッシュなラインです。それほどアクが強くないので、服装に合わせやすいかもしれません。中心価格帯は2万円台前半です。


Dsquared(ディースクエアード@dsquared2
日本にも路面店を構え、鬼のような勢いで新作を発表し続けるイタリアン モードのブランドです。スニーカーは堅牢な作りで、細い踵の方でも抜けることはありません。売れ筋の価格帯は5万円前後で、セールで3万円台で購入することも可能です。ただし偽物が大変多いので、オークションによる購入は避けた方が無難です。


Gucci(グッチ@gucci
ハイ ブランドのスニーカーで迷ったら、同ブランドのシグネチャーウェブなどの定番モデルを購入しておけば問題は解決いたします。6万円以上の価格帯となりますが、カジュアルな服装においてシンプルで上品な足元のゴージャス感を演出することが可能となります。


maccheronian(マカロニアン)
日本人デザイナーによるルーマニアのブランドです。フラットなデザインのスニーカーですが、履きやすくて見た目もスタイリッシュな印象です。中心価格帯は1万円台中ごろといった印象です。


Philippe Model(フィリップ モデル@philippemodelparis
ユーズド加工などの特徴的な外観を持つフランスのブランドです。近年雑誌などで大きく取り上げられることも多くなりました。4万円前後から始まる価格帯ですが、履き心地は良いものの正直それほど高価な…

伊勢丹でオーダーシャツを作りました

イメージ
先月の年始セールにおいて新宿伊勢丹でオーダーシャツを注文いたしました。いわゆる一般的な長袖シャツでございます。私は長袖シャツを30枚ほど所有しております。しかし首周りが小さいものが多いのでネクタイの着用が難しい場合があり、偶然ネクタイを締めるための長袖シャツを探していたところ、セールとなっていたオーダーシャツが結構お得であると聞いたわけであります。

私の体型ですとイタリア製の長袖シャツは肩を合わせると首周りが窮屈になり、袖が長くなります。かと言って首周りに合わせると肩が落ち、袖がさらに長くなります。今まではネクタイを着用するシャツの一番上のボタンをズラして取り付けていましたが、それもそろそろ限界を感じてきたのも大きな理由です。参考までにお値段はインポート生地を使用して2枚で23,760円、納期は約1ヶ月でございました。また、日本製の生地を使用すればお安く仕上げることも可能です。

オーダーということで、細かい部分の指定もさせていただきました。襟は一般的なワイドスプレッドとホリゾンタル カラーであります。カフス部分は左手の直径を1cmほど大きくして腕時計に対応するようにしました。胸ポケットは無しでボタンは白蝶貝(+1,000円)にしました。また、一番下のボタン穴は横向きにしてあります。全体的に可能な限りタイトなシルエットを優先し、最悪の場合は腕が上がらなくても構わないと依頼いたしました。

着心地をあまり考慮しない変態仕様の注文をさせていただいたわけですが、仕上がりは私のイメージとほぼ同じでした。幸運にも腕は上がりますし、ウエスト部分は絞りも効いています。シルエットだけを見れば、イタリア製のシャツとあまり変わりはありません。もし何らかの理由で長袖シャツが体型に合わない時は、こういったオーダーシャツを注文するのも良いかもしれません。

【関連記事】
伊勢丹でオーダーシャツを作りました(2回目)
長袖シャツのサイズの選び方(図解)
長袖シャツの袖のまくり方(図解)

HEAVY PROJECTのパンツを購入しました(3回目)

イメージ
最近は円安の影響でPT01やIncotexなどのパンツ ブランドの価格が上昇し、3万円台から中には4万円を超えるモデルも登場してきました。パンツは流行がある消耗品という位置付けで考えますと、価格の上昇によって買い替えを躊躇する場面が多くなりそうです。

今回もYoox(ユークス・ドットコム:@yoox)において購入したのはHEAVY PROJECT(ヘビー プロジェクト)のストレッチ パンツです。お値段はクーポン コードを使用して4,140円でございました。参考までに同ブランドの活動は停止している雰因気が感じられます。

私はこれまでカッコよさを優先して小さめのサイズのパンツを購入して調教してきましたが、調教するパンツが多すぎて少々疲れてまいりました。その点ストレッチ パンツは小さめでも、カッコ良く楽に履くことができます。しかも最近の製品はシルエットも綺麗で型くずれもしにくいようです。

ストレッチ パンツはクリース(折り目)が付けにくいので、カジュアル寄りの印象となります。逆に考えると折り目を気にする必要が無いので、クリーニングやアイロンがけを頻繁に行う必要がありません。ちなみに私は洗濯後に干してそのまま履いております。

医療従事者のウェアを探してみました

イメージ
毎週放映しているドラマ「DOCTORS」の中で、沢村一樹氏が使用している白衣の襟の形状が一般的では無いので気になっていたところ、偶然以下の記事を見かけました。

おしゃれ白衣、値段7倍でも人気 医師サイトで宣伝 あのドラマにも

記事によると販売しているのはクラシコという白衣の専業ブランドで、国内にカッコイイ白衣が無かったことがきっかけとなってブランドを立ち上げたとことでした。参考までにお値段は2万円ほどであります。

記事では国内の30人の医師に尋ねた結果とのことですが、国内で白衣を検索してみたところスポーツ ウェアのブランドや女性下着のブランドなどもこの分野に進出していることがわかりました。そして日本国内には同時に検索した米国より多くのブランドや種類が存在していると思われました。

さらに2万円ほどで購入できる比較的カッコ良さそうな高級白衣もあるようです。そういった事情を踏まえますと、カッコイイ白衣が無いというのは語弊がある印象です。

とはいうもののカッコイイ白衣はあまり見かけません。それは色が白すぎて高級感に欠けたり、ボタンが絶望的に安っぽいなどといったところが原因かと思われます。そういった部分に不満がある場合は上記のクラシコのオーダーメイドで対応可能かもしれません。

ちなみに米国で放映していたドラマ「HOUSE M.D.(邦題:Dr. HOUSE)」で使用されていた白衣も検索してみましたが、こちらは米国で一般的に販売されている白衣であるとのことです。しかし生地が厚くて日本の白衣より威厳がある感じでした。

参考までに以下は米国で検索した比較的大手のサイトで、海外発送もしております。ことによると日本では見られないデザインがあるかもしれません。

medelita@medelita_gram
男性用の白衣で約150ドル(約18,000円)+送料。デュポン社の素材なども使用している模様です。


blue sky co.
女性用ユニフォームなどが充実している印象で、白衣の取り扱いはそれほどありません。

40歳代メンズファッションのはじめ方

イメージ
以下のガイドは簡単にカッコ良くなりたい40歳代向けであります。ブランドや組み合わせの種類の説明はありません。方向性としてはイタリア系のファッションは比較的難易度が高いので避け、組み合わせの数も絞り、ブランドやコーディネートよりサイズ感の重視のファッションとなっています。


ここで参考とするのは上記のTop Gearの3人であります。Top Gearは英国のBBC制作で、毎シーズン何らかの問題を起こしている車の名物番組です。見ての通り3人の司会者の服装はお世辞にもカッコイイとは言えないのですが、まったくダメというわけでもありません。体型も40歳代の平均といった印象です。そもそも40歳代のファッションは何をどうやっても苦情が出るので、このような服装で十分であると思います。

日本のファッション誌などの40歳代はイタリアを押していますがあまり一般向けでは無く、カジュアルな40歳代の世界平均はイギリスであろうという想像のもとに上記を参考といたしました。さらにもし上記のような服装がダサいなどと言われた場合は「え?イギリスの40歳代の男性はこんな感じですよ」と言っておけばごまかせる利点もあります。

というわけで、目指すのはテーラードジャケット+長袖シャツ+デニム+革靴の組み合わせであります。これらのアイテムは日常的に40歳代の男性が使用することが多いと思うので、心理的な抵抗が少ないのが理由です。そしてこの組み合わせがカッコ良く見えるようになれば、応用が効く範囲が広いので後々のコーディネートが楽になると思います。

テーラードジャケット
色はベージュやネイビーやブラウンなど。デニムと合わせるので多少模様があっても問題ありませんが、スーツのジャケットの流用は質感が合わないので不可です(左からジャストサイズ・小さい・大きい)。


長袖シャツ
色は白または薄いブルー。綿100%は動きづらいので、混合繊維がオススメ。ボタンダウンでも可。胸ポケットは無い方がカッコ良く見えます。ノーネクタイなので、第1ボタンは閉まらなくても可(左からジャストサイズ・小さい・大きい)。


デニム
色は標準的なインディゴ ブルーでダメージ加工は無し。イギリスでは太めで丈が長い傾向がありますが、ストレート系でワンクッション程度の長さが良いと思います。また、可能な限りお尻のダブつきが無いタイプを選択してください。


革靴
黒を基本…

TUUMのネックレスを購入しました

イメージ
恐らく日本初のご紹介となるネックレスでございますが、そもそも私のブログでご紹介する商品の半数近くは日本で販売されていない知名度の低いブランドなので、毎度のことであります。TUUM(トゥーム@tuum_madeinitaly)はイタリアのジュエリー ブランドで、貴金属の指輪を中心に製造販売しております。

私は年に一度のペースで同ブランドの何らかの商品を購入しておりますが、今回はINCIPIT(インキピット)のネックレスを購入いたしました。購入したオンライン ショップはKLEPSOOでありまして、最近サイトが新しくなりました。同ショップは今回で5回目の利用となりますが特にトラブルには遭遇していません。


INCIPITには3種類のチャームのバリエーションが存在し、今回購入したのはANGELOというモデルです。素材はシルバーで表面にロジウムメッキ加工が施されています。購入サイトでは女性用との表記がありましたが、男性が使用しても問題はないように思います。


全長は50cm、2.5cm刻みのリングを使用して42.5cmまで調整可能です。チャームの大きさは直径・高さとも約8mmです。総重量は6グラムで同ブランドの指輪と比較するとチャームは小さめです。ちなみにチャームのみを抜き取って他のネックレスに流用しようかと思いましたが、調整用のリングの直径が大きいので抜き取ることはできませんでした。逆に考えるとチャームが抜け落ちることはありません。

価格はネックレス本体が99ユーロ+送料25ユーロの124ユーロ(17,602円)でありました。注文から到着まで約5日間を要しました。また到着時の関税の支払いはありませんでした。

【関連記事】
TUUMのブレスレット&幅広指輪
TUUMのPater Noster, Ave Mariaの幅広指輪