2014年10月4日土曜日

40歳代のメンズ ダウンジャケット

 


そろそろダウンジャケットの季節がやってまいります。ダウンジャケットは毎シーズン買い換えることはありませんが、それでもデザインなどが古くなるので数年に1度は買い換えることになります。一昔前はモコモコしたダウンジャケットを多く見かけましたが、近年では薄くて温かいものも増えてきました。

40歳代のダウンジャケットは若者のそれとは異なり、高品質な表面素材などが使用されているものを選択すると良いと思います。また、動きやすさを考慮してフロントのダブルジッパー仕様を選択すると利便性が高くなります。なお屋外で長時間着用する場合、意外とフードが肩こりの原因となるので注意したほうが良いかもしれません。

CANADA GOOSE(カナダグース@canadagoose
都内では30歳前後の方々が着用しているのを多く見かけます。実用性が高いので、外回りの勤め人さんなどに良いかもしれません。中心価格帯は約10万円といったところです。
カナダグース 取り扱い店舗 - ファッションプレス


DUVETICA(デュベティカ@duveticaofficial
ファッション性が高いテカピカ素材で有名となりました。あまり原色がキツイものを着用すると、40歳代は痛々しく見えるので注意が必要です。価格は6万円程度からスタートといった感じです。
デュベティカ取り扱い店舗 - ファッションプレス


HERNO(ヘルノ@herno_spa
落ち着いた雰囲気で、デザインもベーシックなものが中心です。お色も合わせやすいものが多く、特に何も悩まずに着用することができると思います。中心価格帯は7~16万円といったところです。
ヘルノ取り扱い店舗 - ファッションプレス


Jan Mayen(ヤン マイエン)
2015年秋冬より国内で本格的に販売が始まったイタリアのブランドで、ムーレーのセカンド ラインといった位置付けになるかと思います。価格はムーレーの半額程度ですが、品質はほぼ同じかと思われます。heliopole(エリオポール@heliopole_official)などでメンズ・レディースの取り扱いがあります。


MONCLER(モンクレール@moncler
素人さんでは見分けがつかない偽物が大量に出回っているので、購入される場合は正規代理店をオススメいたします。無闇にセール品を探すのであれば、他の低価格ブランドの正規品を購入されたほうが良いと思います。またMONCLERを購入した満足感は得るためには、最低でも20万円の予算が必要かと思います。


MooRER(ムーレー@moorer_official
ここ2年ほど雑誌などで露出が一気に増えた高品質でデザイン性も高いブランドです。大人向けのダウンジャケットであり、お値段も考慮いたしますと若者さんにはあまり向かないと思います。モデル数は少ないですが、10万円台後半が売れ筋のようです。新宿伊勢丹および各セレクトショップなどで取り扱いがあります。


TATRAS(タトラス@tatras_official
国内ではレディースが先行しており、比較的細身のデザインが多い印象です。どちらかと言えば30歳代からのダウンジャケットかもしれません。10万円前後が人気の価格帯のようです。
タトラス(TATRAS)の店舗(ショップ)案内 販売店の営業案内 | ファッションブランドチャンネル


【関連記事】
40歳以上が着る40万円以上のライダースジャケット3点
40歳代のお洒落なメンズ コート


0 件のコメント:

コメントを投稿