(ど)どれも大差は無いカラー ステイ


カラー ステイ(Collar Stays)と呼ばれるシャツのアクセサリがございます(カラー キーパーでも同じ意味)。シャツの襟の裏側から差し込んで、襟を綺麗に見せるためのものです。外国製の長袖シャツに比較的多く使われています。私は純正で入っているカラー ステイの形状や材質に満足がいかなかったので色々と試してみました。

まず真鍮製の固いものを購入してみました。これはセットで数種類の長さが用意されているので、様々な長さの襟に対応していました。このカラー ステイは変形しないので、ネクタイを締めてジャケットのボタンを閉じた場合にシャツの襟の先端がジャケットから飛び出すのを防ぐことができます。ただし固いので首が疲れることもあります。

次に自分でアルミの板を買ってきて自作してみました。ハサミで切れる薄い板で何種類か作って使用してみたところ、襟の形を上手に変化させることができるのですが、ネクタイを締めると襟が曲がりすぎてしまうことがありました。

さらに色々と探してみたところ銀製や貝殻製や、チタン製でマルチツール風味のカラー ステイまで販売されていました。長い襟をきれいに立てたい場合は金属製のカラー ステイが有効でしたが、結局のところ何を使用しても大差はありませんでした。特に襟が短いシャツの場合は何でも構わないと思います。




コメント