ユリス・ナルダンの腕時計



近年、困ったことに機械式腕時計のオーバーホール代金が上がっています。オーバーホールは3~5年ごとに行うわけですが、その費用が最近5万円とか言われるようになりました。そうなると下取りに出しても5万円前後の腕時計を3万円以上も出してオーバーホールする気にはなりません。

Ulysse Nardin(ユリス ナルダン@ulyssenardinofficial)というメーカーのアストロラビウム・ガリレオガリレイという、月齢やら永久カレンダーやら日食やら月食やらの機能が満載でとにかく針が多すぎて機能を理解するのが難しい超絶機械式腕時計があります。

お値段は新品で800万円くらいだったと記憶しています。それはいいのですが、時計屋さんで聞いたら何でもこの時計は止めることができないので困りますと。通常自動巻きの腕時計はおよそ48時間程度でゼンマイの動力が無くなります。その場合はまたゼンマイを巻けば動き出します。

ガリレオガリレイの場合は一度止めてしまうと、日付やらその他の複雑な歯車をチャート表を見ながら調整しないと永久カレンダーなどが不正確になるそうです。それで調整費用が8万円ですと。

そのような腕時計をどういった方々が使うのかとお尋ねしたところ、時計好きのお金持ちが10年に1回あるかないかの日食の時に、まず日食の現地に飛びますと。そしてその当日にガリレオガリレイを腕にはめて日食を待ちます。日食が始まると針だか何だかが一直線に並びます。それを満足そうに見て、飽きてすぐに売り払うらしいですとかおっしゃっていました。



コメント