2018年1月15日月曜日

ビジネス シーンにおけるジレの着こなし

 


ジレはどちらかと言えばガッシリとした体格の人のほうが良く似合い、細身で胸が薄い方ですと細さがさらに強調される傾向があります。また伸縮性が無いコットン素材を使用していると息苦しさを感じることもあります。かと言って大きめのサイズを選択するとカッコ良さが半減するので苦労するところです。

結局のところサイズ感を含めてジレは意外と着こなしが難しいのですが、冬場の防寒対策という観点においては有効であると思います。特にニット ジレは軽くて着やすくお手軽なので人気があります。ただしニット ジレで背中(特に首の下あたり)にシワが寄る場合、それは体に合っていないので注意する必要があります。

また、スーツ スタイルにおけるジレのコーディネートにあたっては守るべき点がひとつあります。それはジレと同系色のアイテムは極力使用しないという点です(3ピースのスーツは除く)。理由はジレに差し色の役割を担当させると綺麗に見えるからです。


白いジレは玄人さん向けでありますが、茶色系と組み合わせると自然な印象です。またジレのボタンが茶色である点も見逃せません。


こちらはグレーと黒の組み合わせです。これは初心者の方でも容易にカッコ良く決まるかと思います。


これはレベルが少々高くなるパープルのジレですが、暗めの色のジャケットやパンツと組み合わせると綺麗に見えるかと存じます。

参考までにニット ジレの一番下のボタンまで留めると、その部分が盛り上がってしまって見栄えが悪くなる場合があります。これは他のアイテムにも言えることで、例えばダブルジップのアウターであれば下のジップを少し開けるとスッキリとした印象になります。